フン族について語ろう3

この記事は約25分で読めます。
スポンサーリンク
この話題の盛り上がりグラフ
2018-01-30 08:03:03 最終更新
1 世界@名無史さん 2014-12-24 16:58:55 0

野郎ども、引き続きフン族、匈奴(Xiongnu)について語りやがれっ!

前スレ

フン族について語ろう2

hhttp://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1364846329

6 世界@名無史さん 2014-12-24 22:49:34 0

>>1>>2>>3

引き続き良スレ期待 仲良くやっていこうず

12 世界@名無史さん 2014-12-27 14:03:26 0

そもそもフン族と匈奴は同じ一族なのか?

15 世界@名無史さん 2014-12-28 02:00:51 0

>>12

英語の文献では Xiongnu, Asian Hun Empire  などと記載されてるのもある。

殆ど確信してるかのようだな。

41 世界@名無史さん 2015-01-11 11:56:10 0

フンの年表

匈奴時代もフンって書かれてるけど、気持ち版図がでかい気もする

最大で沿海州・太平洋岸まであったのか?つまり倭国に相対してた?

hhttp://s155239215.onlinehome.us/turkic/70_Dateline/71_Huns/hun_dateline_1_En.htm

86 世界@名無史さん 2015-02-11 09:28:54 0

>>41

周を滅ぼした犬戎もフンって書いてあるねこれ

匈奴がフンの祖先で、ケンジュウが匈奴の祖先なら確かにフンであるといっても間違いではないがw

44 世界@名無史さん 2015-01-11 23:49:01 0

アランは中国の文献で奄蔡・・んが、フンにヒャッハーされてしまった

これは歌手のアラン・・・はアラン人でなく吐蕃人

50 世界@名無史さん 2015-01-19 09:49:48 0

>>44

アラン(阿蘭・達瓦卓瑪 Alan Dawa Dolma)は、

カンゼ・チベット族自治州・康定(カンティン)チベット名タルツェムド(dar rtse mdo)出身の女性歌手

・・・得意な楽器は二胡・・・

吐蕃か羌かどちらにしても胡人なのは確実だな・・

83 世界@名無史さん 2015-02-10 23:05:05 0

モンゴロイドは基本的に醜いよ

そして残念ながら日本人はモンゴロイド

85 世界@名無史さん 2015-02-11 07:43:20 0

>>83

> モンゴロイドは基本的に醜いよ

> そして残念ながら日本人はモンゴロイド

日本人は美しい。

日本人はアスカ人だからです。

128 世界@名無史さん 2015-02-19 19:27:41 0

>>85

なにがアスカ人だ

オカルトやりたいならオカ板行けや

醜いジャップめ

87 世界@名無史さん 2015-02-11 10:02:38 0

>>86

フンは支流だからアスカと呼ぶのが正しい。

96 世界@名無史さん 2015-02-15 17:10:13 0

フンヌは欧州からみればオリエンタル、支那からみればオクシデンタル

131 世界@名無史さん 2015-02-20 06:52:53 0

>>128

朝鮮人はアスカ人ではない。

134 世界@名無史さん 2015-02-20 21:49:45 0

>>131

なにがアスカ人だ

オカルトやりたいならオカ板いけや

133 世界@名無史さん 2015-02-20 20:57:28 0

結局、フン族は、モンゴルの先駆け的存在というわけだね。

137 世界@名無史さん 2015-02-21 09:02:18 0

>>133

モンゴルに蟠踞してたイースタンフン、つまり匈奴時代のほうが長かったね

ウエスタンフンは印象こそ強烈だけどデュレーションはせいぜい100年くらい

匈奴は500年以上続いた

135 世界@名無史さん 2015-02-21 08:54:40 0

>>134

彼らの自称がアスカだ。国名もアスカ。ヒトもアスカ。

アスカは時に正なるの接頭辞アが抜けてサカになる。

正確な発音は

アシュク

エシュク。

アシュケナージというのもここからくるものだ。

これほど明確な証拠を消したがるものこそがオカルトだ。

136 世界@名無史さん 2015-02-21 08:55:58 0

>>134

アスカ国出身の聖徳太子がつけた飛鳥も当然国名を意識したものだ。

飛ぶ鳥つまり白鳥や黒鳥つまりカラスはアスカ国では神聖物だ。

138 世界@名無史さん 2015-02-21 11:09:14 0

>>135

醜いモンゴロイドと神に選ばれた聖なる民にアシュケナジ・ユダヤ人が関係あるわけないだろ

139 世界@名無史さん 2015-02-21 11:09:40 0

>>135

醜いモンゴロイドと神に選ばれた聖なる民のアシュケナジ・ユダヤ人が関係あるわけないだろ

140 世界@名無史さん 2015-02-21 11:41:15 0

>>137

フンの統治方法ははっきりしないね。

142 世界@名無史さん 2015-02-21 13:20:29 0

>>140

フンの統治方法は合議制。

特徴は移動と金属。

206 世界@名無史さん 2015-02-27 12:43:58 0

冒頓に比べるとアッティラは劣るよなー

滅亡寸前の西ローマ如きに負けるし

211 世界@名無史さん 2015-02-28 17:06:34 0

>>206

劉邦の漢も統一したばかりでアエチウスの西ローマ

と同じく戦災で荒廃し疲弊していた

冒頓が楚漢の抗争に介入していたら華北は匈奴で

南が楚になっていたかもしれない

217 世界@名無史さん 2015-02-28 23:38:11 0

>>211

もしそうなっても金と南宋みたいにやはり匈奴のほうが楚より強かったかね?

220 世界@名無史さん 2015-03-01 01:48:20 0

>>217

隋が統一したみたいに匈奴が楚を征服したかもしれない

247 世界@名無史さん 2015-03-09 03:09:08 0

古代の文献って正確なのか?

バビロン捕囚が旧約聖書しか文献がなくてそのまま日本の教科書でも使ってる

ペルシャ側とかアッシリア側には一切文献が残ってない

そもそも東方見聞録はマルコポーロが書いた物ではないが、教科書ではマルコポーロの

書いた文献だと教えられた。今の教科書は知らんが

252 世界@名無史さん 2015-03-09 10:30:28 0

>>247

紙がある時代と、ない時代の区別がついていない。

情報保存、情報伝達能力でも粘土板、羊皮紙と紙では格段の差があるだろう?

むしろ旧約聖書の時代は

情報保存は語り部みたいな人がメインで、宗教や民族国家、王家が滅ぼされたら

それでお終い。

ユダヤ教は今まで続いたから、とりあえず歴史が残っているけど、

アッシリアやバビロンは滅んだから、その時点で歴史は消滅だろうて、

まして、アッシリアやバビロン論の側から見ると旧約聖書の

ユダヤ人は数多くいる少数民族のうちのひとつで、いちいち大虐殺したり、

強制移住をさせたことなんて、記録させる価値すらないと認識して

いたのかもしれないし、

やっぱり紙の発明は偉大だよな。

司馬遷の史記(この時代の前後に紙が発明される)班古の後漢書

の時代は、歴史書の編纂は個人(その家の家伝)の趣味でやっていた

事業だけど、高々一家族(一族)のポケットマネーで記録できるように

なったり、保管できるようになったのだから

粘土板や羊皮だとそうはいかない。

251 世界@名無史さん 2015-03-09 10:20:53 0

バビロンの主神はベール マルドゥクだよ

あまりにもくだらないので、もうレスしないから悪しからず

253 世界@名無史さん 2015-03-09 10:47:56 0

フンと旧約って関係あるのか?

254 世界@名無史さん 2015-03-09 11:05:14 0

>>251

当時のバビロニアはミトラ教。

スメラ人が支配していたからだ。

>>252

>ユダヤ人は数多くいる少数民族のうちのひとつで、いちいち大虐殺したり、

強制移住をさせたことなんて、記録させる価値すらないと認識して

その通り。

カザール・ハン国がユダヤ教に改宗したから

ユダヤ人が世界の支配者になった。

>>253

スメラ人を通じて。

382 世界@名無史さん 2015-12-31 23:32:00 0

フン=匈奴ってもう定説になったの?

392 世界@名無史さん 2016-01-02 09:58:16 0

>>382

hhttp://baike.baidu.com/view/506742.htm

これは百度百科の匈奴帝国の項目

烏爾丁ウルディン大単于w阿提拉アッティラ大単于w

どうみても欧洲匈奴帝国はいわゆるフン帝国ですね 本当にありがとうございますw

384 世界@名無史さん 2016-01-01 15:15:06 0

匈奴は中国語では「シォンヌ」だけど、モンゴル語やロシア語では「フンヌ」

日本語の「きょうど」ではイマイチフンとの関連は類推しづらい

まだ韓国語の「ヒュンノ」のほうがふいんき似ている

387 世界@名無史さん 2016-01-02 01:30:43 0

>>384

ロシア語では匈奴はフンヌだが、フン族はグンっていう

なんか逆だなw

388 世界@名無史さん 2016-01-02 06:52:13 0

>>387

H音は強くなりすぎるとG音になります。

389 世界@名無史さん 2016-01-02 09:41:06 0

フン族の謎を解明するのにはロシア語勉強は必須か!>>384>>388

390 世界@名無史さん 2016-01-02 09:43:17 0

>>389

ロシア語文献にしかない情報も多いですから

ロシア語マスターは必須です。

391 世界@名無史さん 2016-01-02 09:49:04 0

ソ連時代含めてロシア人の研究者も多いしね

406 世界@名無史さん 2016-01-03 16:34:18 0

>>389>>390>>391>>392

当然中国語も必須

冒頓時代ならともかく、鬼方鬼戎犬戎時代までさかのぼると

漢文資料しかないからな

394 世界@名無史さん 2016-01-02 19:12:35 0

近年、日本だけでなくアフリカや欧州にもかなり強引に進出してきてるからな

米が一番恐れてるのはisなんかじゃなく中露がくっついて欧亜で傍若無人化することだ

395 世界@名無史さん 2016-01-02 19:27:59 0

>>394

日本が中国にODAを上げているじゃないですか?

まだ超ウルトラ円高だった頃、

それをそのままアフリカ諸国にばらまいていたんですよ。中国が。

で、アフリカ勢は日本派だったのが

ほとんどみんな中国に変わっちゃったのですよ。

397 世界@名無史さん 2016-01-02 19:59:41 0

>>395

上げてないよ。金貸し。最近は返済額の方が多い。

396 世界@名無史さん 2016-01-02 19:46:49 0

いろいろネットサーフィンしてたらこんなのもあったw

まあ極論なんだろうが、フンとか匈奴の譬えがわかりやすいというか

尖閣の領海・領空侵犯を繰り返す「中国」は、日本にとっての「匈奴」である!

hhttp://teikoku-denmo.jp/history/honbun/enemy_china2.html

400 世界@名無史さん 2016-01-03 01:48:50 0

フンは後漢時代に班超とかと戦ってたヤツらの末裔?

401 世界@名無史さん 2016-01-03 07:08:20 0

>>396

匈奴コンプレックス支那。

>>397

日本が中国に?

中国がアフリカ諸国に?

>>400

フンはそれより古いのじゃないですか?

407 世界@名無史さん 2016-01-03 16:58:08 0

hhttp://www.erepublik.com/id/article/-atillahan-kimdir–2493050/1/20

トルコ語で書かれたこの版図はでかすぎだな。

bati hunがフン帝国、buyuk hunが匈奴帝国を表してるんだろうが、

実際は匈奴最大版図プラス東胡、月氏、烏孫、康居、悦般、エフタルの版図も含んでる感じで、

3割くらい盛ってる。 流石トルコというべきか。

409 世界@名無史さん 2016-01-03 17:07:55 0

>>407

下手したらソ連どころかモンゴル帝国最盛期の版図以上で、史上最大かね?

410 世界@名無史さん 2016-01-03 17:22:42 0

>>402

わざわざトランスオクシアナまで討伐軍を派遣するくらい漢民族の匈奴憎悪は凄まじかった!

419 世界@名無史さん 2016-01-04 06:52:47 0

>>416

>wikiの強度の版図は狭すぎ

今のモンゴル人民共和国をひとまわり大きくしたくらいってことはないでしょ

ありません。

428 世界@名無史さん 2016-01-04 12:32:55 0

>>426

蘇我氏たちが指導したのは

移動と金属、ミトラ教としての仏教、聖方位信仰などです。

440 世界@名無史さん 2016-01-24 09:09:53 0

匈奴について知りたくて中国語モンゴル語ロシア語トルコ語全部勉強した人もいるんですよ

442 世界@名無史さん 2016-01-24 15:13:27 0

>>440

ロシア語は必須ですね。

452 世界@名無史さん 2016-01-26 00:22:47 0

>>442

実際、アッティラや冒頓単于がしゃべってた言語は気になりますね

448 世界@名無史さん 2016-01-25 17:47:22 0

フンがモンゴロイドであることは推定されるとして、

どこの言語に属するかだな

それが民族を決定すると言える

449 世界@名無史さん 2016-01-25 19:01:39 0

>>448

フンは薩摩弁やって、うちのバァちゃんが言ってたよ

451 世界@名無史さん 2016-01-26 00:20:33 0

>>449

匈奴もとい狗奴国は熊襲と関係ある?という日本史ネタ

453 世界@名無史さん 2016-01-26 00:29:25 0

>>452

熊本弁で話してるの聞いたって近所のおばさんが言ってた

479 世界@名無史さん 2016-02-02 16:38:45 0

東胡 モンゴル系

匈奴 系統不詳

月氏 イラン系(印欧語系)

鮮卑 モンゴル系

烏桓 モンゴル系

柔然 モンゴル系

鉄勒 トルコ系

高車 トルコ系

丁零 トルコ系

突厥 トルコ系

ウイグル トルコ系

契丹 モンゴル系

で大体合ってる?

480 世界@名無史さん 2016-02-02 17:12:19 0

>>479

月氏はイラン系よりもトカラ系(印欧語ケントゥム語派)であった確率のほうが高くなってる

鮮卑は拓跋部などはモンゴル系だけど、宇文部や禿髪部はおそらく違う系統

これに関しては遊牧帝国はどれも似たような状況だろうが、鮮卑だけ各部が有名だから一応ね

481 世界@名無史さん 2016-02-02 17:33:02 0

>>480

トカラって確かグレコバクトリア王国を滅ぼした奴らだよね

サカ(塞)族も同じような系統なのかな?

拓跋と宇文、禿髪が違う系統だというのは初めて聞いた

どうもありがとうございます

516 世界@名無史さん 2016-02-24 08:54:27 0

あの辺の遊牧民はみな混血がすすんでるだろ

533 世界@名無史さん 2016-03-28 10:54:13 0

そしてローマ法王とプーチンの激突は、レオ1世とアッティラの激突の再来

534 世界@名無史さん 2016-03-28 16:39:58 0

>>533

アエティウスは誰だろう?

まさかオバマはないだろう

587 世界@名無史さん 2016-09-07 10:02:17 0

でアッチラは?

まさか東條秀樹なんてなしだろ

589 世界@名無史さん 2016-09-07 13:23:46 0

>>587

我々日本人は支那人や朝鮮人とは血のつながりがなく

北方遊牧民族と血がつながっています。

590 世界@名無史さん 2016-09-07 15:40:37 0

>>589

確かに何割かはそうだけど

半分ぐらいはつながりあるけどな

591 世界@名無史さん 2016-09-07 16:37:55 0

>>590

日本人の遺伝子は東ユーラシアでは孤立していますよ。

598 世界@名無史さん 2016-09-07 23:55:19 0

>>591

「本土日本人」に含まれる縄文人の遺伝情報 約12%

hhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160901/k10010663581000.html

海沿いの方が拡散が速い

599 世界@名無史さん 2016-09-08 07:13:35 0

>>598

日本の遺伝子は北方ユーラシア系。

それと縄文人とのハイブリッド。

646 世界@名無史さん 2016-11-03 00:38:40 0

>アヴァール コイン

インドに行った月氏も似たような推移を辿ったな

ヒャッハーし放題だった遊牧土人蛮族も、安住の地を見つけると落ち着き、文明化する

651 世界@名無史さん 2016-11-03 07:44:33 0

>>646

×文明化

○堕落

653 世界@名無史さん 2016-11-03 12:37:34 0

匈奴とかフン族って、やっぱり朝青龍みたいなドルジ顔の弁髪オヤジの集団だったのかな

654 世界@名無史さん 2016-11-04 00:00:51 0

弁髪は鮮卑の習俗

655 世界@名無史さん 2016-11-04 00:40:56 0

アランをボコってるフン騎馬軍団の有名な想像図は辮髪じゃなかったっけか

656 世界@名無史さん 2016-11-04 02:06:32 0

エフタルは髪を短く切っていたらしいぞ。

657 世界@名無史さん 2016-11-04 07:16:30 0

>>653

>>654

>>655

>>656

辮髪にしたり髪を短く切ったり

月代を剃ったりするのはカブトをかぶるため。

つまり戦闘民族の証。

658 世界@名無史さん 2016-11-04 07:54:36 0

>>657

日本人のチョンマゲも兜をかぶるため?

悪辣非道な戦闘民族ニダねえ

659 世界@名無史さん 2016-11-04 08:04:41 0

>>658

>日本人のチョンマゲも兜をかぶるため?

そうだよ

664 世界@名無史さん 2016-11-04 21:35:52 0

>>659

いや違う。髷(マゲ)は兜と関係なく普段から結うものだ。テッペンを剃る月代(さかやき)は

戦国時代末ぐらいに兜をかぶっても頭が蒸れないように工夫されたと言われているが。

平安時代の頃は兜をかぶる時は髷を解いて髪を垂らして首を保護していた。

712 世界@名無史さん 2016-11-19 11:18:14 0

シツ支単于帝国軍?はローマか亜歴山大大王残党由来の魚鱗楯軍団も擁していたというし

騎馬戦オンリーだった匈奴から攻城・籠城戦ありの定住部族への過渡期的国家として

もっと寿命を保ってれば面白くなったのにと思う

場所的にもホラズムや西遼のような立ち位置になれたかもしれなかったのに

722 世界@名無史さん 2016-11-22 23:17:19 0

>>712

>ローマか亜歴山大大王残党由来の魚鱗楯軍団も擁していたというし

未だにこんな与太話信じてる奴いるんだな

魚鱗陣自体は孫子にもあるポピュラーな戦法だし

密集陣形なんて誰でも考えつくような単純な戦法でそれだけでローマがどうとか無理あり過ぎ

726 世界@名無史さん 2016-11-24 19:41:50 0

>>722

与太話つか、中原や化外でも中華圏由来の兵士でないことは明らかだろう。

あれだけ記録魔のシナ人が克明に記してるのだから。

736 世界@名無史さん 2016-11-26 14:41:37 0

HUNNU(匈奴) ARMY の騎兵率 かなり高かったか

hhttp://www.military-quotes.com/forum/top-10-armies-all-time-t98457.html

738 世界@名無史さん 2016-12-05 10:20:01 0

>>736

ARAB ARMYは歩兵ばっかりだったの?

元々アラブ人て遊牧民が多かったはずなのに

それともこれは想像図だから、実際は騎兵もそれなりに居たのかな

743 世界@名無史さん 2016-12-09 23:38:00 0

>>738

サウジアラビアや北アフリカみたいな暑い場所にも遊牧民はいる

745 世界@名無史さん 2016-12-13 09:27:35 0

>>743

もしかしてマグレブ諸国の遊牧民ってアラン=奄祭の血も混じってるのか?

ヴァンダルにくっついて北アフリカ行っちゃったもんな

スポンサーリンク

元スレ

フン族について語ろう3
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/whis/1419407934

コメント

タイトルとURLをコピーしました