フランス文学総合 第3共和スレ

この記事は約23分で読めます。
スポンサーリンク
この話題の盛り上がりグラフ
2017-03-04 06:48:37 最終更新
1 吾輩は名無しである 2015-05-18 14:46:39

■過去スレ

フランス文学総合 2冊目

hhttp://peace.2ch.net/test/read.cgi/book/1363181996/

フランス文学を語る

hhttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/book/1325554260/

40 吾輩は名無しである 2015-06-02 11:34:04

その脱線が楽しめるようでないと。

もちろん作品がダメなんじゃなく、翻訳がダメなのでもなく、

お ま え が駄目なのを外に理由を捏造しようとは不届き。

52 吾輩は名無しである 2015-06-03 18:39:35

>>40で終了

57 吾輩は名無しである 2015-06-04 00:13:30

>>52

つまり信者には何言っても無駄て事だな。読書なんて受け取り手の問題なんだから、個人的な感想なら、つまらんものはつまらんと言っても良いと思うけどな。「脱線が楽しめるようでないと」と無理に価値観押し付けられても困るわ。

65 吾輩は名無しである 2015-06-05 17:11:48

おばかさん、読んで見なければいい本かくだらない本か分からないじゃない。

ちゃんと考えてものをいいなさい、考えて。

69 吾輩は名無しである 2015-06-06 00:47:54

>>65

アホか?長い年月に耐えて歴史に名を残す素晴らしい作品はいくらでもあるだろう。そういうのから読んで行けって事だよ。しかもそういう作品を簡単に調べられる時代に、読まなきゃわからないとかどんだけ時代遅れなんだよ。

70 吾輩は名無しである 2015-06-06 00:59:03

>>65

何も考えずに手当たり次第に読むからそういうことになる。自分にとって何が良い本か悪い本かを「ちゃんと考えてから」読んだ方がいいんじゃない?

71 吾輩は名無しである 2015-06-06 08:50:52

>>69>>70

そうやって人の判断に身をまかせて「これは古典だからよいのだ」とか

「これは年月に耐えて歴史に名を残す作品だからすばらしい」とか、凡人の

なかでも特にトロい人たちはそのほうがいいかもしれませんね。

でも、すこしでも気力のある人たちは、やはり同時代の書き手の苦しみ、

同時代の書き手の生き方と向かい合うのが本当の意味での読書としるべきですね。

その場合、やはり読んでみるしかないんです。

だから、わたしら達人は読む量がケタ違いですから、古典も読み、新しいものも読むわけです。

でも>>69君のような平凡人の中でも少しレベルの低いほうの方は、他人がいいという判断をくだした

作品を「調べて」、それだけを読む人生に甘んじるのもしかたないかもですね。

80 吾輩は名無しである 2015-06-07 00:35:53

>>71

随分偏った考え方ですね…達人wにしては稚拙過ぎる気が…今までどんな本を読んできたのか?それとも読んだつもりになっているのか…

81 吾輩は名無しである 2015-06-08 08:06:30

>>80

弱いな(笑

典型的な負け惜しみ。

82 吾輩は名無しである 2015-06-08 09:58:23

>>81

w

83 吾輩は名無しである 2015-06-08 11:07:16

>>82

そんなに傷つくと思わなかった。

ごめんなさい。

122 吾輩は名無しである 2015-07-01 12:20:12

フランス文学でなんといっても最高なのはバルザックだろう

文句あるやつはかかってこいや

123 吾輩は名無しである 2015-07-01 12:30:13

>>122

どういう考えからバルザックを最高とするのか、

それを書かないと話の持って行きようがないだろう。

ま、ムリか、おまえじゃ。

125 吾輩は名無しである 2015-07-01 12:45:24

客觀的なデータとして、日本人の評価なら、累積発行部数なんかが目安になりそうかも。当然>122は持っていそうだな。

124 吾輩は名無しである 2015-07-01 12:44:02

>>123

神の視点で世界と人間の相克を精妙に描いて破たんのないところ

ま、おまえに言っても分からんだろうな

130 吾輩は名無しである 2015-07-01 14:05:44

作家を評価する時にごく自然に「累積発行部数」とかを連想する>>125みたいな

障害者が時々現れちゃうんですよね(笑

いや、笑うに笑えない。

213 吾輩は名無しである 2015-08-31 01:32:55

早稲田の仏文が(今は亡き)一文の最底辺で

アルファベから教えにゃならんレベルというのは超有名な話だったと思うが…

214 吾輩は名無しである 2015-08-31 10:11:39

>>213

学部の仏文はどこでも一年生はアルファベからやりますが・・・

218 吾輩は名無しである 2015-08-31 19:41:07

>>214

早稲田のコース選択は2年

今みたいな文学部斜陽じゃなかった頃から最底辺で

他に行けない学生が何もしなくても卒業できる学科として有名だった

卒業まで1冊も洋書を読んだことがないとか当たり前の世界

221 吾輩は名無しである 2015-09-01 08:44:57

>>218

そんなのどこの大学でもふつうでしょ。

パリにいたころ広島大学の院生と知り合って部屋へ遊びにいったら

バタイユの翻訳全集があった。訊いたら原書は一冊も持ってないし

もちろん読んだこともないと。だって難しいでしょだってさ。

バタイユ専攻の国立大学の院生。

236 吾輩は名無しである 2015-09-01 16:33:44

>>221

文学部廃止論を補強する貴重なご意見ですね(笑

258 吾輩は名無しである 2015-09-17 06:09:49

んーどうかな

早稲田の仏文とか学生の平均取れば最っ底辺だろうけど

早大生でどうしてもフランス文学やりたいという優秀なやつも数年に1人ぐらいは混ざるだろう

就職は平均値で決まるけど学科の名声は突出したOBで決まるからな

260 吾輩は名無しである 2015-09-17 12:38:40

学校のハナシになると熱心になるバカってけっこういるんだよね。

ほ〜んとバカだよねこいつら→>>258

374 吾輩は名無しである 2015-10-26 12:06:11

間違いを指摘された方がそのことにキレる…まさに逆ギレ

なんで礼なり謝罪なりしないのかねえ

どういう教育受けてきたんだ

384 吾輩は名無しである 2015-10-26 13:52:01

>>374

馬鹿かよこいつ

礼なり謝罪なりって荒らしたお前が謝罪しろ

379 吾輩は名無しである 2015-10-26 12:40:14

動画とかの発音は明らかにウェのほうが近いね

ミッ(↑)シェル(↓) ウェル(→)べ(↑)ッック(↓)

385 吾輩は名無しである 2015-10-26 14:22:55

>>379-380

そう思うなら筑摩書房や河出書房新社に意見送ってみたらどうかしら

>>384

たんに不注意で「ウェル」と覚えてたの認めちゃいなyo

ちなみにこんなツイートがある

hhttps://twitter.com/kawade_honyaku/status/643444806241247232

386 吾輩は名無しである 2015-10-26 14:40:38

>>385

そんなツイートを引用しても、2ちゃんの書き込み以上の説得力があるわけじゃないよ。

べつにおいらはウエルベックが間違いと言ってるわけじゃないし、じっさいにフランス人たちが

テレビでHouellebecqに呼びかける場面など聞いてると、ウェルベックのほうに近い

発音になってるといったまで。

どっちみち外国語のカタカナ表記は方便にすぎないので、細かいことは言っても

しかたないってのが大方の大人の意見じゃないかね。

ただ、「ウエルベック」が正しく「ウェルベック」は間違いと言い張る、おばかグループが

若干名いるのは事実ですよね。dont >>385のぼうや

388 吾輩は名無しである 2015-10-26 15:12:31

>>385

外国作家の日本語表記はかなり曖昧なものだぞ?

上で挙がってるドストエフスキーなんか昔から表記についての(下らない)論争があるくらいだし

カタカナで書いといてこれが正しい!とか固執するのは馬鹿の極み

392 吾輩は名無しである 2015-10-26 17:00:00

>>386

あなたの言ってることは正しい

ただ、ピーター・バラカンが意志を持って「アレサ・フランクリン」ではなく「アリーサ・フランクリン」と書いたり

「ブルース」ではなく「ブルーズ」と書いたりするのとは違って、

ここのスレ民は単に言いやすいから「ウエルベック」でなく「ウェルベック」と間違えて覚えてそう書いている

そのことが滑稽なんだよ

これは言いやすいため「かつて(嘗て)」を「かって」と言うのと同じくらい滑稽に見えるね

極端なことを言えば、言葉への感受性が低いから間違えるんだ

そういうやつは、「たけのうちさん」を「たけうちさん」と言ってもさして気にはならないのだろう

(386氏のことを言ってるのではない)

これだけ反応を呼んだから、今後「ウエルベック」と書くにせよ

敢えて「ウェルベック」と書くにせよ、意識せざるを得なくなる

それだけで俺が問題提起した意味はあったのだ

394 吾輩は名無しである 2015-10-26 17:27:32

>>392

おまえさ、実際の発音を聞いていってるの?

ちょっとアタマ悪すぎじゃない?(笑

ピーター・バラカンが意志を持って(笑)なにを書いたか知らないが、

固有名詞というのは本来他人が勝手な「意志」でどうにかしていいものじゃないよ。

おまえの下らない問題提議(笑)にはなんの意味もないし、意味があったなどと

ずうずうしく言う、そのことが滑稽なんだよ、おばかさん。

395 吾輩は名無しである 2015-10-26 17:35:14

>>392は「ウエルベック」が正しいという前提でしかものをいわないけど、

「ウエルベック」が正しいとする根拠をひとつもだしていないんだよね。

おばかツイッターなんか根拠にはならんしね。

427 吾輩は名無しである 2015-10-28 13:36:45

しらべたわけじゃないがフロベールは一番表記がイロイロかもしれないな。

フランス本国でも年代に従ってユレがあるんじゃないかと思う。

80年代においらが留学してたころは、圧倒的にフロベールという感じだった。

428 吾輩は名無しである 2015-10-28 13:51:21

>>427

発音ってこと?Flaubertの表記も違うの?

430 吾輩は名無しである 2015-10-28 16:56:46

>>428

発音。と、それに近づこうとしたカタカナ表記でせう。

433 吾輩は名無しである 2015-10-29 12:31:28

ちょっと釣りを入れといたんだけど(笑

436 吾輩は名無しである 2015-10-29 16:38:49

>>433

いやいや言い訳はいいんですよ。

461 吾輩は名無しである 2015-11-09 00:46:04

ここの皆はクレオール文学や植民地の文学は読むの?

465 吾輩は名無しである 2015-11-09 16:33:54

>>461

ちょっと興味があるのでなにかおすすめ教えてほしいです

467 吾輩は名無しである 2015-11-09 17:06:21

>>465

ちょっとの興味では教えられませんね。

469 吾輩は名無しである 2015-11-09 19:26:38

>>467

要するに知らないということか

483 吾輩は名無しである 2015-11-14 08:05:58

カミュは統治する側なので植民地文学じゃないです。

あえて言うなら帝国主義文学です。

490 吾輩は名無しである 2015-11-14 17:27:29

>>483

植民者文学って言われたこともあったな

サイードは帝国主義の現実があってもおかしくないにもかかわらず、すっぽりと抜け落ちている作品を書いた作家と評している

ムルソーがアラブ人を射殺したアルジェリアで戦争が起こって難民が生まれ、フランスが労働力として受け入れる

その二世三世がパリ郊外のアラブ人で、今回の事件を起こしたと思うとやりきれんな

530 吾輩は名無しである 2015-11-21 15:06:04

そもそも定時で上がれる一般事務の仕事が希少

その条件で探すとほとんど選択肢がないはず

一方フランス人は17時になれば「これ以上働いてはいけない」と仕事が途中だろうと帰ってしまう

ゾラのボ・ヌール・デ・ダム百貨店の店員なんてまさに社畜って感じだったのに時代が変わるとこんなに違うのか

531 吾輩は名無しである 2015-11-21 15:15:38

>>530

いや、派遣とか契約だと予算の関係上、定時で帰宅できることが多いよ

正社員は残業あるけどね

532 吾輩は名無しである 2015-11-21 15:21:22

>>531

それは正社員に残業代がつかない場合ね

普通は正社員に残業させる方がお金かかるんだよ

でかい会社は正社員の残業時給が高すぎるから正社員が先に帰って派遣が夜遅くまで仕事してることもあるよ

533 吾輩は名無しである 2015-11-21 15:26:08

>>532

会社によってその辺は違うんだね

大企業では働いたことがないからわからん

でも、自分の経験上、中小はほとんど定時帰りだったよ

673 吾輩は名無しである 2016-03-06 14:38:11

岩波のフランス文学案内の中世のところに、

宝石鉱物誌(ラピデール) lapidaires?

動物誌(バスチュール) bestiaires?

ってのが出て来るんだが、原題がわかる方ご教示ください。

682 吾輩は名無しである 2016-03-24 21:38:19

>>673

>岩波のフランス文学案内の中世のところに、

>宝石鉱物誌(ラピデール) lapidaires?

>動物誌(バスチュール) bestiaires?

マルボード・ド・レンヌ MARBODE, Bishop of Rennes.(1035 – 1123)

金石誌 Libellvs De Lapidibvs

ピエール・ド・ボーヴェ(ピエール・ル・ピカール)(Pierre de Beauvais, Pierre le Picard, 13世紀)

『動物寓意譚』(Bestiaire, 1218年以前)

リシャール・ド・フルニヴァル(Richard de Fournival, 1201 – 60)

『愛の動物寓意集』(Bestiaire d’Amour, 1252年)

今日たまたま本屋で翻訳見かけたので解決済みかもしれませんが

675 吾輩は名無しである 2016-03-16 13:04:58

岩波文庫でドーデの月曜物語読もうと思ってるんだけど、読んだ人いる?

676 吾輩は名無しである 2016-03-16 13:17:27

>>675

どうでもいいが、『風車小屋だより』と『サフォ』なら読んだ。

678 吾輩は名無しである 2016-03-16 19:55:18

>>676

ドーデもいい?

680 吾輩は名無しである 2016-03-16 20:40:30

>>678

気づいてくれて嬉しいよ。

683 吾輩は名無しである 2016-03-24 22:28:52

>>682

わざわざどうもありがとうございました。とても助かりました。

685 吾輩は名無しである 2016-03-25 01:37:35

>>683

邦訳は白水社の2013年に出た「フランス中世文学名作選」に三作品とも福本直之訳で載っていました。

hhttp://www.hakusuisha.co.jp/book/b206029.html

載っているのは全て初邦訳、だそうです

なんとなく見覚えのある題名だったので

688 吾輩は名無しである 2016-05-01 20:31:42

コクトーの恐るべき子供達は、どの出版社の買えばよいのだろうか

690 吾輩は名無しである 2016-05-01 22:01:53

>>688

岩波

691 吾輩は名無しである 2016-05-01 22:37:07

>>690

コクトーのイラストが載っている光文社と安い岩波

どっちにしようかと思っていたので岩波買ってみます

772 吾輩は名無しである 2016-10-30 16:18:58 cs/kb0ke

こぴぺばっかり

773 吾輩は名無しである 2016-10-30 18:34:26 ZrfTDTUI

je me rejouis de >772 creativite

スポンサーリンク

元スレ

フランス文学総合 第3共和スレ
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1431927999

コメント

タイトルとURLをコピーしました