2ch勢いランキングまとめ
メニュー

サンソン・フランソワ(SamsonFrancois)♪2

この話題の盛り上がりグラフ
2018-02-05 21:05:20 最終更新
1 名無しの笛の踊り

サンソン・フランソワ(Samson Francois, 1924-1970)、

狂おしくもせつないピアノの響き ……

前スレ:hhttp://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1101314960/

過去スレ

hhttp://music.2ch.net/classical/kako/1010/10108/1010857604.html

hhttp://music.2ch.net/classical/kako/1032/10328/1032849777.html

15 名無しの笛の踊り

hhttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2617768

これと中身が入れ違ってるのかな

16 名無しの笛の踊り

>>15

おお、それも廃盤だね。

ていうことは中身が……(にやり)

18 名無しの笛の踊り

>>16

誰か両方買ったヤシ…ってフランソワ聴くヤシはスターンみたいな正統は買わん罠w

22 名無しの笛の踊り

>21 今朝電話したら返品をセンターにするか輸入元にするか考慮中とのこと。

しつこく言えば返金するだろうけど、どうしても欲しいから再販されたら絶対欲しいし。

でもすごいプレスミス。すごく焦ってだしたのかなぁ〜

検品とかするべ普通なら。どこでプレスしてるのかなぁ??雑な仕事だね。

23 名無しの笛の踊り

>>22

塔もあぼーんになったな。

125 名無しの笛の踊り

フランソワは、ショパンの全集とドビュッシー・ラヴェルの全集を

持ってるんだけど、

次に聴くとしたらどのCDがおすすめですか?

作曲家は問わず、フランソワ「らしさ」が出てるヤツで。

いや、「物凄い勢い」スレよりこっちの方が詳しい人が多そうだし、ね。頼みます。

134 名無しの笛の踊り

>>125

133さんに便乗。そのほかフランソワのフォーレもしびれます。マルグリット・ロン

やイボンヌ・ルフェビュールといった師匠の流れを汲んでいると思うけど。

Les Rarissimes にも入っているけど、Les introubables いっちゃいません?

135 名無しの笛の踊り

>>134

お前気持ち悪いww

146 名無しの笛の踊り

>これにハマったら他のピアニストは受け付けないwww

昔EMIベスト100で英雄ポロネーズのさわりだけフランソワで聴いて気に入って

後にポリーニのを買ったら拒絶反応が起きて即座にフランソワを買いに行った

最初からハマってしまってたんだろうか??

147 名無しの笛の踊り

ショパンだとラファウ・ブレハッチが無理だ。

この人が一番拒絶反応が出る…

151 黒猫

>>146 『洗脳された』が正しい。

ちょぴんイイヨネェ。

>>147 探して聴いてみよう。発狂しないだろうな・・・・

154 名無しの笛の踊り

このスレ潜在的には結構人いるように思うんだけど、

人気投票やったら票集まるかな。

個人的にフランソワの何の曲が最も良いと思われているのか

かなり興味があるし、

素直にラヴェル>ドビュッシー>ショパンと来るのかも

興味のある所。

皆様如何?

157 名無しの笛の踊り

>>154

モーツァルトが最高!

あとプロコフィエフ、フォーレが良いね。

正直ドビュッシーは<ピアノの為に>以外は圏外

ショパンならマズルカと即興曲が(・∀・)イイ!

158 名無しの笛の踊り

ものは試し、ということで

少々本式に投票を行ってみたいと思います。

基本的に私が集計を行いたいと思いますが、

あまりに票が少ない場合は静観とさせて頂きます。

投票は曲単位でお願いします。

1位3ポイント

2位2ポイント

3位1ポイント

次点(2曲まで)0.5ポイント

で集計させて頂きます。

以下、有効無効票の例として

・ショパンの曲全部←無効

・ショパンのノクターン←無効

・ベートーヴェンのピアノソナタ熱情←有効

・ベートーヴェンのピアノソナタ熱情のコーダ←有効

という形で進めたいと思いますが、出来る限り有効票に組み入れたいと思います。

>>157さん

申し訳ないですが、ぜひ再度投票頂ければ幸いです。

167 名無しの笛の踊り

1位 ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲

左手でも1位に推したい。

2位 ショパン:前奏曲集

フランソワとは思えない高い完成度。

3位 ショパン:練習曲集

最初聴いたときは「うげ」って思ったけど、 今じゃ中毒状態に。

次点 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番(モノ)

新盤については>>158-159氏に超同意。

ショパン:ピアノ協奏曲第2番(ステレオ)

このへんの趣味はほかの人と微妙に食い違ってて面白い。

クープランも入れたかったけど、たしかにあれは自作自演だよな。

202 名無しの笛の踊り

いつの話?

203 201

>>202

先月。

今も発送までの日数が変わってないから買えるはず。

hhttp://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=712340&GOODS_SORT_CD=102

205 名無しの笛の踊り

>>203

これはショパンの全集とles introuvables de SAMSON FRANCOIS

を持ってるオレは買わなくてもOK?

206 名無しの笛の踊り

>>205

買わないとNGなので俺は血眼になったンすよ。

一枚目の「旧Chopin名曲集・52年録音」はこれでないと聴けないから。

あとはもっと詳しい方々が居られますんで・・

208 名無しの笛の踊り

>>206

52年の名曲集ってオリジナルのLPからの初CD化ってことですか?

259 名無しの笛の踊り

フランソワが初来日してその時に共演した東響の機関誌にベルナール・ガヴォディによる

フランソワ論の訳がのっていたのを入手したので少しばかり紹介を。

凄い独特な感覚の持ち主だったのはこれだけで分かります。

Q「お好きな作曲家は?」

A「とりわけ好きなのがバッハ、リスト、ショパンだと知ったら、あなたは驚くでしょうか?

ベートーヴェンのソナタは、その文学的な調子や不充分な造型ゆえに、私には退屈で

あるとしても、モーツァルトには魅了されます。だが、彼の小ソナタでグランド・ピアノを

傷めることもないと思います。古いエラールの竪型ピアノで彼の小ソナタの数々を弾く

くらいすばらしいことはありませんね。ウェーバーは天才的だと思っていますが、彼の

作品を引いたことは全くありません。だが、ブラームスの音楽に生理的嫌悪を感じるのは

どうしてなのでしょうか?思っただけで、指がおかしくなってしまうんです……。

ドビュッシーの『練習曲』、ラヴェルとプロコフィエフの全作品を好いと思います。

ですから、プロコフィエフの『ピアノ協奏曲第五番』の初演を私がニューヨークで、次に

パリでやったとき、どんなにうれしかったことでしょう!このように私の好みを、今私が

書いている協奏曲は、多分、知らずして反映していますね……」

261 名無しの笛の踊り

>>259

>ブラームスの音楽に生理的嫌悪

そもそもラヴェルが(とくに第2協奏曲を指して)ほぼ同じ事言ってますね。

289 名無しの笛の踊り

>>259

この訳者はだれだ!恐ろしい駄訳!こんな日本語を話すやつがいたら殴りたくなる。

263 名無しの笛の踊り

>>261

第2協奏曲は嫌いだが、第1はすごく好きだな。

264 名無しの笛の踊り

>>263

ブラPコンは1番と2番でかなり好みが別れるって

何年か前にどっかのスレで読んだ。

演奏者も両方ともいい人は希で、1番派と2番派に分かれがちだそうで。

>>259

フランソワはリストのPコンの1番でノリノリの演奏をしていたね。

291 名無しの笛の踊り

>>289

フランス語出来る人だったら、ようつべのフランソワ語る(かな?)

ってやつ訳して。

大体でいいから。

292 フランソワ語る

>>291

音楽の方が私に向かってやって来たんだ。だから、5歳の時、初めて先生についてピアノのレッスンを始めた最初の週に、

何も聞かずに、ヒントももらわずに、作曲を始めたんだ。変ハ長調(?)で。

だから、音楽とともに生まれたとしか言いようがないよ。

「子供の頃、ピアノを始めたころ、猛烈にピアノの練習をしましたか?」

父は、決して私の能力を超えた練習をさせなかった。楽々とできることしかしなかった。

ずっとそうしているので、実際には難しい場合でも、難しいとは感じないようになっている。

「子供の頃にショパンを弾き始めたのですか?」

いや、子供の頃はショパンを弾くのは禁止されていた。意味がないし、難しすぎた。

ずっと後で、ショパンを発見し、すぐに好きになった。

その後、反動の時期があった。甘すぎることが鼻につくようになって、嫌いになり、ラヴェルやプロコフィエフに惹かれた。

それから、ついにショパンの真の天才に気づいた。つまりメロディの才能だ。

それ以降、私のお気に入りベスト3はモーツァルト、ショパン、ドビュッシーだ。3人ともまぎれもないメロディの天才だ。

295 名無しの笛の踊り

>>292

面白い

325 名無しの笛の踊り

だからEMIの33枚組を再販しろと。

メイエもナットもシフラも再販したんだから、次に来るのは

名前の大きさからいってもフランソワしかいないでしょ。

326 名無しの笛の踊り

>>325

メールして頼め

327 名無しの笛の踊り

犬のレビューみると恵美の10CD全集は音質が悪いようなだが、

単品CDと音源が一緒でも全集は音質が悪いということなの?

329 名無しの笛の踊り

>>327

エチュードは結構ノイズはいりまくりだよ。

ぽこん なんていうLPになかったノイズもあったもん。

真面目にマスタリングしていたらこういうノイズも軽減できたはず。

330 名無しの笛の踊り

>>329

レポありがとう。

それは単品かた全集へのマスタリングのときに入ったノイズなのかな?

もしかして単品CDもだめ?!

332 名無しの笛の踊り

>>330

単品CDは購入してないから分からないけど。

フランソワはだいたいつぎはぎ録音が多いからねえ。

リストのハンガリー狂詩曲も明らかにこれつぎはぎでしょって

部分が多数あるし(1番と9番のコーダなんかモロわかる)

ショパンエチュードも1番7番あたりはかなりはっきり別録音を

繋いでるのが分かるから、そういうノイズやつぎはぎが

気になるとダメなのかも。

333 名無しの笛の踊り

>>332

そうですか。まあ、ふつうのスタジオ録音は多かれ少なかれつぎはぎ編集は

ありますよね。グールドなんかも多いみたいですが。グールドはライブに対して

否定的態度だったみたいですからね。ロックで言えばライブ重視のストーンズ、スタジオ

録音重視のビートルズみたいな感じでしょうか。まあ、どうでもいいですが・・・

単品注文したので手に入ったらレポします。

367 名無し

これのDVDって何? なに?

hhttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1085003

368 名無しの笛の踊り

>>367

DVD - Concerto for the Left Hand (Ravel).

hhttp://www.crotchet.co.uk/5580250.html

377 名無しの笛の踊り

フランソワのおっちゃんオレの家に来た事あるよ。何十年も昔、オレがまだ小学生の頃。本当の話。

381 名無しの笛の踊り

>>377

思い出を少しでもいいから聞かせてください

383 名無しの笛の踊り

>>381さん、フランソワさんはなかなか紳士でしたよ。自分は緊張のあまり夜中にもかかわらず“こんにちは”と言ってしまったのに対して彼は“こんばんは”と日本語で優しく返してくれました。背が高く長髪で色男でした。

385 名無しの笛の踊り

>>383

どういう経緯で、あなたの家に来ることになったのですか?

音楽的なコネクションでもあったのですか?

390 名無しの笛の踊り

>>383

いずみこの本とかには、身長160いくつで、170はなかったと思うけど。

あっそうか、来日して伸びたんだ!

386 名無しの笛の踊り

>>385 父親が音楽事務所を経営していました。私自身もプロのオーケストラに所属していました。

445 名無しの笛の踊り

そういやクリスマスBOXでのノクターンの一部録音が

疑似ステレオ?になってる問題はどうなってるんだろ

450 名無しの笛の踊り

>>445

仏尼の試聴ページだとノクターンは、

なぜか8,10,14,18,19番にだけ2001年のリマスタ表記がある

疑似ステレオなのはその5曲のみで手を加えたのか、

たまたまこの5曲のみ表記したのかわからないけど

他もエチュードやマズルカも一部の曲だけ1995年のリマスタ表記がある

単に全曲に表記するのが面倒だったのか?

460 名無しの笛の踊り

辻井君の最近流行してる生い立ちドキュメント番組

赤ちゃんでブーニンの英雄ポロネーズで喜んでいたのに、

「フランス人」の演奏CDかけたら全然反応しなかった。しかも再現ビデオでEMIのCD写ってた。

ポリーニとかホロヴィッツならともかく、ブーニンに負けるなんて屈辱だよな。

でも大人になったら良さは分かるはずと思う。

464 名無しの笛の踊り

>>460

その辻井君の番組をさっき見ていて、熱情の第3楽章の所で、

このスレでは伝説的なフランソワの熱情の演奏をふと思い出してしまったww

辻井君の演奏とフランソワが似ているというのでなく、

熱情ということで思い出してしまった。

465 名無しの笛の踊り

>>464

失礼にも程がある。

額がすりきれる位、フランソワに土下座して欲しいな。

466 名無しの笛の踊り

>>465

なんで、熱情ということで思い出しただけで、失礼なんだかわからない。

467 名無しの笛の踊り

>>466

まあまあ。

ショパンしか聞いたことのない俺その他のためにもっと語ってくれ。

468 名無しの笛の踊り

>>466

お前失礼な上に頭も悪いしコミュ力も0なんだな

469 名無しの笛の踊り

>>468

自己紹介乙w

563 名無しの笛の踊り

いずみこが本だして売れてるからね、その本が。

バルビゼについてはもっと詳細に語ってもいいんだろうが

そもそもバルビゼについての需要がないからな。

567 名無しの笛の踊り

>>563

安川とかあの時代の人間ってホントに正しく学んでるか疑いたくなる。

昔は留学すること自体が珍しかったし、言葉も不自由だし、今の日本のように

恵まれてもなかったから、果たしてコルトーの言うようなレベルが理解できてた

かはなはだ疑問。日本じゃ権威だから誰も言わないけど、俺はずっとそう思ってるよ。

実のところ、理解できてないひとが多かったんじゃないかと思う。

でも日本に帰ってくると、やっぱりそういう一流の音楽家に師事した人間は 数少ないから、権威となってしまう。

そういうひとたちの頑張りや苦労は否定しないが、だからといってこういうひと

たちが絶対的権威みたいに言われるのもどうかと思う。 いずみこがそうだとは言わないが、じゃあホントにフランスのエスプリを理解

してんのかと言われると、はなはだ疑わしいと、1聞き手の俺としては

思うわけよね。あくまでもいずみこの意見としてなら聞くけど、これがフランス音楽だ!

なんてことになると?となる。

勿論、バルビゼの伝統は継続されていくべきだと思うし、これはいずみこに限らず

現代のピアニストたちに言える話だけど、偉大な先達が切り拓いた伝統は守っていって

次世代に伝えなければ廃れて消え去ってしまう。

フランソワにはリグットがいて良かったなと思う。フランソワこそは、ポストコルトー、リパッティ

としてフランスでもっとも嘱望されたピアニストだったし、その伝統の灯が

リグットのお陰で細々とでもとだえることなく繋がれていけるわけだし。

いつの日かもしかしたらリグットの弟子や孫弟子、その系統から次世代のフランソワが 誕生するかもしれないし。

でもリグット=フランス音楽では決してないんだよね。ただリグットにしても

そうだし、他の本当に伝統を引き継いだピアニストというのは、いずみこみたいに

多く語らないと思うよ。自分の胸のなかにしまってるだけなんだと思う。

そういう俺はやっぱりフランソワが好きだし、ガスパールのオンディーヌで

テンポが遅いって言われても、あれが適正テンポだと思ってしまう。

こんなピアニスト、もはや現代では存在しないよね。

570 名無しの笛の踊り

>>567

多く語らないで自分の胸のなかにしまってたら

どうやって伝統を継続させるんだよW

569 名無しの笛の踊り

弟子のリグット自体がフランソワの指使いやフレージングが理解しがたいとか

言ってるし指導するのは難しいってコルトーもロン夫人に振ってるし。

伝統とか引き継ぐとかは無理っぽい感じ。

ちなみに安川は生後14カ月で渡仏して、10歳でパリ音楽院に入学して17歳

で日本に帰国してる帰国子女だから言葉の問題はないと思われ。

571 名無しの笛の踊り

>>569

とかなんとか言いつつも、リグットの場合ユボーよりもフランソワの

影響が大きいよ、演奏聞くと。

言葉の問題はなくても読解力の問題は大いにあると思われる。

>>570みたいにね。

598 名無しの笛の踊り

旧録のクープランのトッカータが良かった。

スカルボは新録よりスペインっぽさがないから微妙

599 名無しの笛の踊り

>>598

♩=144に近い感じでね。技術的にも不満がない>トッカータ

600 名無しの笛の踊り

>>599

同感

640 名無しの笛の踊り

ノクターンの録音はなぜ一部がモノラル録音なのですか?

1966年の録音なら既にステレオに完全移行?していたと思うのですが。

641 名無しの笛の踊り

>>640

それ、自分もずっと気になってた。以下、独断による仮説

・・・・フランソワはモノラル期にノクターン集を録音したものの何らかの事情でお蔵入り

・・・・66年にステレオ再録音 しかし一部の曲の出来が不満で発売許可せず

・・・・何とか商品化したいEMI側がダメ曲をモノラル旧録音に差し替えることを提案

・・・・フランソワもこれを呑んで混成ノクターン全集が完成 公式データは「66年録音」で通した

644 名無しの笛の踊り

>>641

レスありがとうございます。

ネットで検索しても、特に情報が出てこないのですよね。

全集録音未完成のまま亡くなったりすると、旧録音で補完したりするのは有りますが、

このフランソワのノクターンの例は良く分からないですね。

元々、EMIはアバウトな点が多いですけど。

642 名無しの笛の踊り

何番がモノラール?

643 名無しの笛の踊り

>>642

8 10 14 18 19番です。

EMIのSACDシリーズ全般結構評判良いみたいですね。

CD層もリマスタ音源なので、SACDプレーヤーを持っていない自分も

気になっているのですが、ネット試聴音源で比べても今までより生々しい音

のような気がします。でも値段が・・・。

ノクターンは2月に輸入盤も再発され、ジャケも今までより良い感じなのですが、

こちらはボックスの音源と同じでしょうね。

日本盤のためだけに新規にリマスタしたのなら何とも勿体ない。

646 名無しの笛の踊り

>>643

五曲か、ありがとう。

MacBook Pro じゃなくてちゃんとスピーカーで聴いてみようっと。

645 641

>>643

SACDだとステレオ曲とモノラル曲とのギャップがほとんど感じられず、

気分よく全曲を聴き通せましたよ

>>644

我が「怪説」にお付き合いいただき恐縮です

まあ、EMIには「楽章の途中で」ステレオ←→モノが切り替わるという凄まじいのもあるしね

(ハイドシェクのモーツァルトP協、コーガンのチャイコフスキーVn協 など)

ちょっとだけ擁護すると、Decca(カッチェンのブラームス小品集など)でもステレオモノ不統一があります

元スレ

サンソン・フランソワ(SamsonFrancois)♪2
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/classical/1191294009

削除依頼

削除などのご連絡事項については「メニュー」の「本サイトについて/お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。