2ch勢いランキングまとめ
メニュー

戦国時代における騎馬武者の実像とは2騎目

この話題の盛り上がりグラフ
2018-04-07 21:24:35 最終更新
1 人間七七四年

戦国時代における騎馬武者はどういう存在だったのか、について語りましょう。

戦国時代における騎馬武者やいわゆる騎馬隊の実像とは?

騎馬武者の馬上槍や騎馬突撃は一般的な戦術だったのか?

そもそも軍中における騎馬武者の割合は?

前スレ

戦国時代における騎馬武者の実像とは

hhttp://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1245948808/

13 人間七七四年

◇和種馬の体力

和種馬はその小柄な体型から甲冑武者を乗せるとよたよたとしか走れない、と誤解されていますが、

約3.5kmをノンストップで速歩、駈歩で問題なく走り続けられることを確めました。

機会があれば何処まで走り続けられるか確認してみたいと思います。

hhttp://www.marvellouswings.com/Kattyuu/Reviw/Review.html

14 人間七七四年

>>13

その写真では、甲冑がフル装備とは程遠い簡素なものである点が問題。

夏なんか、フル装備では暑くて人間のほうがぶっ倒れるが…

何処まで走り続けられるかの実験をすれば、たいていのところ馬の体温上昇が隘路になっているから

息が荒くてすごくしんどそうな馬をどんどん蹴り足していると…お尻の下から凄くしんどそうな感触が伝わって来るのがすごい快感と思う人もいます…

そのうちいきなりぶっ倒れて二度と立ち上がらなくなる

…空冷バイクのエンジンが焼き付いたようなもの…

危険が大きいので、

こんな実験は多分できません

16 人間七七四年

>>14

甲冑こそ、日本の武者なら臨機応変なんじゃね?

山岳戦に赴く、自分の嫡男が、フル装備している姿を見て、「バカが自殺しにいく」って嘆いたって逸話もあるくらいだし

17 人間七七四年

>>14

とりあえず、近藤、長塚孝あたりの本を読むべし

人間+甲冑、武装、馬具を含め100kg前後を想定している

36 人間七七四年

関西産の軍用馬は東国、九州産の駄馬以下

47 人間七七四年

>>36

関東も関西も大して変わらない。

軍馬の育成で重要なのは冬の寒さ

ベルクマンの法則ってものがあって冬の気候が厳しい

陸奥のような北国ほど馬は巨大になりやすい

50 人間七七四年

>>47

北国スウェーデンの軍馬が日本在来馬より小さめなのはどういうわけなんだろうな

52 人間七七四年

そもそも人為的に持ち込まれた家畜である馬はベルクマンの法則に従うのかという問題が

54 人間七七四年

>>47

小国だから。軍馬の育成と改良は金と時間と手間が掛かる

ヨーロッパの強国の軍馬はでかい

>>52

巨馬の遺伝子を受け継いだ馬は冬は容易に超えるけど

夏は逆に乗り越えられない。馬は暑さに弱い動物

72 人間七七四年

騎兵なんて世界中で「攻撃力最高、防御力クソ」みたいな認識だしな

もし突撃止められたら囲まれて死ぬから、じゃあどこでどうやって使うかっていうのを延々試行錯誤してきた

74 人間七七四年

>>72

長槍部隊の側面を衝く場合は絶大な効果を発揮したらしいぞ

長さに頼る武芸が未熟な足軽部隊に時速40キロで襲いかかると

長槍部隊は急激な方向転換も出来ず、蜘蛛の子を散らすように

逃げたらしいから

99 人間七七四年

小柄な秀吉でも足がつきやすい馬ってどんだけ小さいんだよ

停止時は自分の足で支えないと倒れる自転車と自分で立っていられる馬を一緒にすんなよ

102 人間七七四年

>>99 あぶみで足を固定するからね。自転車によってはつま先を固定する器具もあるが

確かに自転車を停止した時は、4つ足と違って2輪では立ってられないから困る。

なお、NHK大河ドラマの秀吉で、竹中直人はサラブレッドの馬が高すぎて、リハーサルでは

何度やっても一度も乗る事ができなかった。とうとう本番撮影になり、一発で乗りこんで

馬をあやつったのは、奇跡だろう。高い馬は乗り込むのも一苦労の実例な。

119 人間七七四年

この程度のものなら珍しくない

20111008安曇野草競馬(ポニーレース)

hhttp://www.youtube.com/watch?v=mVux869Or7E

120 人間七七四年

>>119 いくらなんでも小さ過ぎるんじゃねえか?

でも身長150センチくらいの当時の武者が

重装備で騎乗すればそんな感じだろう。

つーか、当時の馬はポニーサイズで重すぎて騎馬突撃はなかったという説が

極端に行き過ぎただけ。

122 人間七七四年

>>120

>でも身長150センチくらいの当時の武者が

そんな小さい訳ないだろ

129 人間七七四年

ルイス・フロイス (1532年〜1597年)

武士階級の食生活は、どの階級よりも質素である。 多くは菜食主義で、

下は雑兵といわれる足軽から大名に至る迄、少食・粗食であった。

また着ている物も、普段は木綿の粗衣であったがヨーロッパ人に比べ

暑さや寒さに強かった。 武士は戦いにおいて強靱振りを示した。

徒歩の下級武士は、全身に重い甲冑を着け、恐るべき早さで野山を

駆け走りあるいは駆け登った。

騎馬侍という一ランク上の階級も馬術に長けているばかりでなく、

体躯そのものが強靱であり、我々ヨーロッパ人とは違い落馬しても

それで滅多に死ぬことはなかった。

また、敵に、一旦は馬から引き摺り落されても、掠り傷もせず再び

騎乗し直すことができた。刀で斬られても、あるいは槍で突かれても、

傷が致命的な深手でない場合、その傷は直ぐに治り、それは不思議

なくらいであった。

彼らの文化、風俗、習慣の多くの点で、スペイン人よりまさっている。

ヨーロッパ人の肉体は繊弱なので、治癒が非常に遅い。日本人の肉体

は頑健なので重傷、骨折および災厄からも、われわれ以上に見事に、

しかも一層速やかに快復する。

どこまで本当なのやら。なお現代のヨーロッパ人は炎天下で帽子も

かぶらず、氷点下近くても胸元が開いた服を着たりして、日本人より

もすこぶる頑丈・丈夫である。

133 人間七七四年

>>129

ヨーロッパ人は寒さには強い。代わりに高温多湿だと死ぬ。

135 人間七七四年

>>133 なるほど。

ちなみに関東地方が昨日今日で35度の猛暑で、

同じ日のロンドンは昼間の最高気温は15度であった。夏なのに寒いわ

136 人間七七四年

>>135補足 ロンドンの気温をブログじゃなく、ネットで正式な気象データを確認したら

昨日で最高気温19度、今日が18度だった。

一応、オランダも見ると、17度。真夏なのに寒過ぎる。

ポルトガルなら暖かい?だろうと、リスボンを見ると30度。まあまあ暑い。

スペインのマドリードは?。今日は24度だが、昨日は16度。最高気温で。

ヨーロッパ諸国は夏は暑くないね。高温多湿とは無縁だろう。

152 人間七七四年

敵は前ばかりにいるとは限らないからな。

153 人間七七四年

>>152

NAOIE「まったくだ」

156 人間七七四年

まだやってるの?w

だから騎馬隊の突撃なんて空想だっての

騎馬は高価なものだから旗本クラスじゃないと維持できないんだよ

鎌倉時代の騎馬武者の騎馬隊の数とか多くて数十人の集団だった

源平の合戦とか両軍合わせて5000いるかも怪しい。下手したら3000程度。

つまり日本の歴史で数千騎馬隊を運用したとかありえないから

騎馬はあくまで旗本の移動手段と荷物の運送手段

158 人間七七四年

>>156

これらの数は具体的にはどういった根拠によって確定したんだろうか?

161 人間七七四年

じゃ自分も数字出せばいいんじゃないの?w

出せないってことはこの数字が正しいことになる

163 人間七七四年

>>161

最初に勝手な数字出しておいてその根拠は出せません

でも相手が数字出してこないので正しいってどんな理屈だよ

根拠はどうしたんだって聞いてるんだよ

ここで出せないんならもうないってことだからな

164 人間七七四年

>>163

だからおまえも数字もってきて反論すればいいだけなんだよ

数字がおかしいと思うのなら自分で調べて反論すればいい

文句だけならアホでもできる

反論するなら根拠となる数字をだして叩けばいいだけ

おまえのレスはスレを汚しているだけ

もうソースだせとかもう飽きたんだよ

おまえも自分の意見をだしてお互い正しいかどうかを議論する

このスレはこういうスレだろ

できないのなら来るなボケ

169 人間七七四年

>>164

結局最後までソース出せないところに本気で笑ってしまったww

170 人間七七四年

>>169

そもそもソースが必要とするほどの内容か?

ほとんど出尽くした情報でしょ

178 人間七七四年

173-177

何だこの人は軍事板のコテさんか

181 人間七七四年

>>178

今までは軍板で隔離スレみたいのがあって、そこで延々一人でブツブツ言ってるだけだったんだけど

そのスレを削除人がスレストしたせいで、軍板を飛び出してあちこちに迷惑かけてるのが今の状態

元スレ

戦国時代における騎馬武者の実像とは2騎目
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1465812803

削除依頼

削除などのご連絡事項については「メニュー」の「本サイトについて/お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。