2ch勢いランキングまとめ
メニュー

東方の風見幽香さんを愛し続けてみたよ

この話題の盛り上がりグラフ
2018-01-25 17:15:41 最終更新
1 名無しちゃん…電波届いた?

ゆうかりんに抱かれたい

ゆうかりんに抱き付かれたい

久しぶりに買ってみたするめなんか齧りながら「食べすぎると顎痛くなるなぁ」なんて考えてたよ あぐらをかいて猫背になるとテレビの位置はちょっと高くて

見上げるようなポーズになってますます猫背が加速しちゃうの この体勢は身体に良くないと思ってはいるんだけどなかなか直せない癖になっちゃってて

自分としてはもう半ば諦めているようなものなんだよ 俺はそんなふうに考えてる、いや考えてない事を言い訳にしただけなんだけどね 一方のゆうかりんは

どういうふうに考えるだろうね だらしないからダメだって言うか、それとも無理に直す必要はないって言うのかな まあ、ゆうかりんの事だからここはあえて

見て見ぬフリをして何も言わないという展開も考えられるね それどころかこんなつまらない事を気にしないでそのまんまスルーする可能性もあるよ

というよりこんなにつまらない事を考えるのって俺くらいなんじゃないかな、とすら思うよ むふーって変な溜め息がさ、鼻から俺の外に出ていくんだ

そういえばゆうかりんはどこに行ったのかな さっきは横に居たのにふと横を見ても天使のような横顔も安心を感じさせる緑の髪も目に入らない

それどころか「ゆうかりんがいる」という香りが無いんだ あるのは「ゆうかりんがそこにいた」という香り、つまりは残り香だよ これもゆうかりんの香りだけどね

と思ったらね、「うりゃー」って言ってゆうかりんが後ろからやってくるの いきなりね、俺の背中側からガバッと抱き付いてくるんだよ 横に居ないと思ったら

真後ろにいたとはなかなか思わなかったよね ゆうかりんはそのまま顔だの胸だのを押し付けるように抱き付いてきてね、そのまま腕をぐるりと回して

俺の身動きを奪っちゃうんだよ 勝手にびっくりしてバランスを崩しそうになる俺、「ゆうかりんいたの?」なんて情けないようなつまらないような発言しちゃう

ゆうかりんは笑顔のままむっとしたような声で「居ちゃ悪いのかしら」なんて言うんだよ いじわるさ、わざと拗ねたような事を言って俺に反撃させないつもりさ

そのままぐぐっと俺の方に体重をかけてきて、俺の背中がますます丸まるんだよ おんぶしてるバッタみたいな体勢さ、あれ跳ねるのキモいけどねうん

自動的に俯き加減にさせられてしまって視線がテレビから離れる俺 ゆうかりんはそんなの知らんと言いたげに俺の背中や胸元、頭なんかをぺたぺたと

手のひらで好きに触るんだ 俺の肌なんて触っても楽しいモンじゃないのにね、ぺたぺたというか、ぺちぺちというか、あのパン生地に触れる感じでね

好き放題やっちゃってね、何とも言えず楽しそうなんだ 時々ふんふんと何だか頼もしい鼻息の音なんか聞こえたり、ゆうかりんのサラサラした髪が

俺のうなじに触れたりしてゾクッとしちゃったりするんだよ 全然止める気が無さそうだったから「ゆうかりん何してるの」ってね、たまらず俺は尋ねてみたよ

「私のだんなさまは私の所有物だから、私がどうしようと勝手でしょう」 後ろから返ってきた答えはこんなものだったよ、しれっとこんな事を言いやがるんだ

なんだ俺はゆうかりんの所有物だったのか、所有物ならしょうがないよね ゆうかりんの所有物なら全権がゆうかりんにあるようなものだよね

でも俺はそんな事聞いたこと無いの、今初めて聞いたよ 俺は俺のものだと思っていたらゆうかりんの所有物になっていたよ 衝撃、驚愕の事実だよ

むしろ逆にゆうかりんが俺の所有物だと思っていた部分も無くはないから戸惑いを隠しきれないL.A.Style よっこいせっと無理やり背筋を伸ばしてやって

くるりと振り返ってね、俺もゆうかりんの事を抱きしめてやろうとするのさ そっちが抱き付いてくるなら俺も正面から受け止めてやろうと思ってね

さあどこからでもかかって来いと、ゲージMAXのエドモンド本田みたいな心境だったんだけどもね、俺を見たゆうかりんは急に顔をプイと横にやって

さっきまで俺を好きに弄っていた手を引っ込めちゃうんだ 「なんか気分が乗らないわね」だなんていってね ずるいよね、俺がその気になったからって

わざとそんな事言って俺を困らせるんだ 「黙って抱きしめられてなさいよ」なんて言ってね、ハイハイと言って聞くしかないのかな、難儀だよ!ね!ゆうかりん!

105 名無しちゃん…電波届いた?

, ‐'⌒ ヽ

/.::::::::::::::::.\

/.::::::: _ヘ 、:::::ヽ     ( カチャ カチャ カチャ … >>1 )

/:::::::::/ 、_ __、:::::.l

ン:ri::/-[___]-[__]::/

フハレ `i  ゝ iノ      /     }ー┐           r┐   \

フ∧   `ニ /       {     ノヽ / __  ヽ  /  |/    }

. イ  \   _/        \ ツ   /         、_/   O    /

,-´, !    !`tー-、

/ __ ∧    |  ∧

〃 ,-ミヽ \   i  | ハ

ji/   l    /〃'   !  |     __________

{{  ´ ‾` / _、//,, 〃.!    | i´‾‾‾‾‾‾ ‾`i

レ, /     '     ´ '‐-、,  | |                |

//7//—ァ/.‐ /7/‾{     iっ | |   ┌ ——─┐  |

/ !   〃  //  (' //} i |.  | |   |┌ ——.、|   |

|     〃     ‾ jノイ   | |   |::l::i:::::::::::::|    |

|      、__ノ{__,.イ   ,   | |   |_j::l:::::::::::::|    |

|        )     レ/___.‐— —‐┤:::::::::: |‐—┘

‾‾‾‾‾‾〔丁‾‾‾‾‾‾‾‾‾| ::::::::::::|‾‾‾‾

`‾‾‾‾‾{二二二二l____|二二}

60 名無しちゃん…電波届いた?

東方のアリス・マーガトロイドさんを愛し続けてみた 〜あいゆえにアリスさん〜

むかしむかし、あるところに。

魔法使いの女の子と、人形の男の子が住んでいました。

森の奥でひっそりと暮らす二人は互いに支え合い、仲睦まじく暮らしておりました。

79 名無しちゃん…電波届いた?

ようやく再開された物語には、程良くいい香りがきいていました。

よくある話です。幅を持たせるために、物語に新しい登場人物が出てくるのは。

「男の子と女の子には一番の友達がいました。

それは魔法使いの女の子。森の奥に住んでいる、美しくて気品のある娘でした」

ほらやっぱり、とぼくは思いました。

何となくそんな感じがしたのです。ほんとうに、何となく、でした。

88 名無しちゃん…電波届いた?

走りながら、こんなことを考えていました。

もし夢じゃないのなら、幻じゃないのなら、あの女性に、最後にこんなことを聞いておけばよかったと思いました。

「どうして泣いているのですか」

頬に垂れて光る一本のすじをぼくが受け取って、そうしてその意味を知れたなら、

ぼくもきっと何か思うところがあったのだと思います。

96 名無しちゃん…電波届いた?

むかしむかし、あるところに。

理を超えてもう戻れない場所へ行ってしまった魔法使いの女の子と、魂までも絡め取られた操り人形の男の子が住んでいました。

暗く湿ったところで隠れるように暮らす二人は心のどこか互いを憎み合いながら、誰かの幸せを踏み潰して暮らしておりました。

めでたしめでたし。

108 名無しちゃん…電波届いた?

____

/     \

/   ⌒  ⌒ \   >>105に抱かれたい・・・

/    (○)  (○) \

|   、" ゛)(__人__)"  )    ___________

\      。` ⌒゜:j´ ,/ j゛~~| | |             |

__/          \  |__| | |             |

| | /   ,              \n||  | |             |

| | /   /         r.  ( こ) | |             |

| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|

‾ \__、("二)‾‾‾‾‾l二二l二二  _|_|__|_

元スレ

東方の風見幽香さんを愛し続けてみたよ
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1356363590

削除依頼

削除などのご連絡事項については「メニュー」の「本サイトについて/お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。