2ch勢いランキングまとめ
メニュー

【無アクセント】福井方言 其二【ゆすり音調】

この話題の盛り上がりグラフ
2017-02-11 21:03:44 最終更新
1 名無す

福井方言に就て話しましょう。

ネイティブもノンネイティブも歓迎。

蔑視・偏見・妄想は禁止、議論は大いに可。

前の

【無アクセント】福井方言 其二【ゆすり音調】(実質其の一)

http://mimizun.com/log/2ch/dialect/1247224085/

46 名無す

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/kiyo/AA11460132/RoD_7_73.pdf

これを見れば奥越の方言で「はる」や「へん」さらに「いい」と併用して「ええ」が使われていることは明白。

それにも関わらずウィキを改変したやつは奥越の方言に対する知識がまったくないんだろうな。

何にも知らない知ったかぶりがえらそうにウィキを改変するな。

53 名無す

>>46

奥越方言って言うけど大野市と勝山市では言葉が、また違うと言うことを知らんといかん。

それから、>>46の資料なんだけど、それは昔の古い大野の方言だと思うぞ。

今時、そんな話方してたらみんなビックリするよ。

現実的に言うと大野じゃ、ええも使うし、いいも使う。

ただ、はるとか、へんに関してはほとんど使わない。

おる、は確かに使うと思う、だがいるも使う。

63 名無す

>>53

大野出身の友人は「おる」「へん」はよく使ってたな、さすがに「はる」はなかったけど。

そう考えるとかなり伝統的な方言を話す人だったのかも、自分は東日本出身なので

関西弁にしか聞こえなかったなw

もう2人福井市出身の奴がいるが、これがまた対照的で1人は全く方言が出さずに

東京式アクセントをつかっている。もう一人は完全無アクセント。

まあ個人差あるだろうけどどちらも生粋の福井人。

福井市の現在のアクセントの状況はどんな感じですか?

64 名無す

大野市は福井市より田舎だが、言葉だけだと大野市のほうが都会で福井市の方は田舎に聞こえる。

奥越以外の嶺北人よ、訛りが恥ずかしいのだったら奥越や加賀、敦賀のアクセントを真似して使え。

そうすれば関西弁ぽくなってコンプレックスも薄れる。

66 名無す

>>63

大野で、「へん」なんて使うかあ。あんまり聞いたことないんだが。

東京アクセントは両親とか、その人がどっか違う所に住んでたからじゃないのか。

>>64

関西弁ぽっいと言う方が、よっぽどコンプレックスだろ。

アクセントと訛りは違うし大野にも敦賀にも加賀にもゆすり音系の訛りはある。

福井弁無アクセントの場合は、標準語アクセントのほうが慣れやすい。

関西弁が都会だとか標準語だとか、勘違している思い上がりもそれくらいにしたほうがいい。

東京や日本全国では、関西弁なんて標準語でもなんでもないし関西人でもないのに関西人に間違われて嫌。

特に関西以外の他地域へ行った時は大変目立つから嫌だわ。

東北や北日本では昔から関西のイメージ悪いし。

福井弁が第一方言ならば、身につける第二言葉は標準語と標準語アクセント。

68 名無す

>>66

福井弁が東京式だったらそれこそ岐阜や岡山みたいな語彙は関西系だけどアクセントは東京式という「エセ関西弁」に聞こえるからダメ。

71 名無す

>>68

岡山や岐阜の語彙と福井弁を同じにするな。

知りもせんのに福井弁スレに来て、福井弁を関西弁系にしようと工作するな。

これだから、・・は嫌われるんだよ。

103 名無しさん@そうだ選挙に行こう

金田一のってこれか。

金田一春彦「隠岐アクセントの系譜」より引用

>そもそも近畿アクセントには、次のような性格がある。

>(1) 1拍名詞。「歯」の類が「葉」の類と同型で、「手」の類とは違う型に属する。

>(2) 2拍名詞。「空」の類と「雨」の類とが違う型に属する。

>(3) 3拍名詞。「兜」の類が「兎」「烏」の類とは違う型に属する。

>(4) 2拍動詞。「出る」「見る」の類の終止形・連体形のデルと、完了形のデタ、接続形のデテとは違う型に属する。

>(5) 2拍動詞。「居る」は「置く」「買う」の類とは違う型に属する。

>(6) 3拍動詞。「歩く」「入る」の類が「動く」「泳ぐ」の類と違う型に属する。

>(7) 2拍形容詞。「よい」「ない」の終止形・連体形が連用形とは違う型に属する。

>(8) 1拍助詞。「も」「へ」は一般の助詞「が」「は」「に」「を」などと違う型に属する。

>(9) 2拍助詞。「まで」「でも」「から」はそれぞれ違う型に属する。

>そうして一般に甲種方言、あるいは甲種系統と呼ばれている方言は、これらの性質を近畿と共有する。

>服部博士以来「垂井式方言」と呼ばれて、近畿周辺部に分かれて分布している方言、

>四国の香川県を中心として広がっている「讃岐式方言」など、いずれも(1)-(9)のすべての性質を持つ。

>佐渡島の方言など、日本で最も東北部に位置する甲種系方言と言われるのは、(1)-(9)の大部分の

>性質を持っているからで、ある人たちが甲種系方言とすることに反対している能登の諸方言も、

>上の(1)-(9)のすべての点で近畿方言と軸を一にしている。北陸諸方言のうちには、福井県三国方言のように

>大分変わり果てていて、近畿方言よりは関東方言に近いように見えるものもあるが、それでも(1)-(9)の性質を

>幾つか共有することによって、近畿方言から由来したものであることを表している。

196 名無す

前にも出した気がするけど岩波講座の福井関係部分。別の本だけど>>103-104も金田一によるもの。

最後に、岐阜県西隅の方言は、さすがに地理的位置を反映して、京阪アクセントに近いアクセントをもっている。

たとえば、二2・3の語彙はカミ(高┐低)型、三2・3aはアズキ(高高┐低)型、三2・3bはイノチ(高┐低低)型である。

もっとも垂井町のもの、関ヶ原町のものなどは、いずれも型の区別が少なく、京阪アクセントにあるような、語頭の

滝をもたない。なお垂井町のものは二1と二4がカゼ(高高)で同じ型、二2・3・5が同じカワ(高低)型であるのに対して、

関ヶ原町のものは二1・4・5が同じカゼ(高高)型で、二2・3がこれに対してカワ(高低)型だというようなちがいがある。

(中略)

最後に福井県はきわめて複雑なアクセントの変化のある地域である。まず、若さは中央の小浜地区など、

京都・大阪の方言とよく似たアクセントをもつ。一方、越前の東隅は東隣の岐阜県の方言と同じで内輪東京式

アクセントをもつ。他の地域のうち、敦賀地区、大野地区、若狭の高浜地区などは、先に述べた岐阜県の垂井

言に似たアクセントを有する。福井・武生など、県の中心部の地域は一型アクセントであり、南条郡今庄村地区

には二1・2・3がカゼ(高┐低)型、4・5がカサ(低高)型という、他に例のないアクセント体系をもつ。三国町をはじめ

福井・武生を囲む周囲の地区には、二1・4・5がカゼ(高低)型〜カゼガ(低高低)型、二2・3がカワ(低高)型という、

これまた全国に類のないアクセントを有し、その高低の相は京阪式よりはむしろ東京式に似ている。ただし型の

区別ははっきりせず、心細いアクセントである。

(中略)

福井県三国地区には、東京式アクセントとは言えないが、外見が東京式アクセントに近いアクセントが行われている。

アクセント以外の面で周辺の地区と特にちがってもいないこの方言が、アクセントだけ特殊の変化を経過したとは

考えがたい。このアクセントは、表9のようにして出来たものとでも考えるのがいいと思う。*は東京式アクセントの形である。

**も1の語彙に関してはそうだ。このように考えると、このアクセントは、途中東京式アクセントのような状態を経て、

さらに変化したアクセントということになる。東京式そのものも京阪アクセントが一変して出来たという疑いがいよいよ

強まってくる。

表9

拍数   群  語例

1  「風」「蚊が」 高高型  ↘

二    4  「笠」「手が」 ┐低高型 →低高型** →低低型 → 高低型*

5  「雨」       ┐低降型 ↗

2・3 「川」「山」   高┐低型 →低高┐型* → 低高型

(中略)

最後に一型アクセントの由来であるが、大体地理的に近いところに行われている方言で、アクセント以外の点で

よく類似した方言で、型の区別の少ないもの、はっきりしないものがある場合には、それから変化したと解釈するのが

よいと思う。

(中略)

福井市付近の一型アクセントは、周辺にある準東京式のものが曖昧になって出来たものであろう。

160 名無す

金津はやはり二型式(三国式)アクセントだね。

金津のアクセントは大体が頭高型と平板型に分けられる。中高型も全体の一割ほど存在している。

頭高型の代表的なものには「ばしょ」「きんの」「はなし」「からだ」等があって

中高型は「ふくい」等がある。

161 名無す

>>160

次の語彙が何型か教えてください!!

枝が、月が、水が、犬が、雨が、窓が、川が、寺が、稲が、

船が、猿が、音が、春が、夏が、秋が、冬が、石が、島が、

中が、糸が、声が、鳥が、笠が、町が、犬が、雪が。

162 名無す

ちなみに、もし頭高と平板と中高の3種類があるとしたら、

それは二型式じゃないよ。

164 名無す

>>160

それはあなた自身のアクセントの内省によるものか?あなたは大体西暦何年生まれ?

>>161の語彙の他に、以下の語彙のアクセントの型も教えてほしい。

どの型にどの語が所属するのか分類する形で教えてくれ。

あと、アクセントはどのぐらいはっきりしてる?明瞭なのか?曖昧なのか?

ある語のアクセントが常に一定だとか、同音異義語をアクセントにより区別できるのならある程度信頼できる。

柄が、絵が、蚊が、木が、毛が、酢が、巣が、背が、血が、手が、葉が、

歯が、日が、火が、実が、目が、湯が、輪が。

間が、朝日が、小豆が、頭が、油が、苺が、従兄弟が、命が、

兎が、後ろが、男が、大人が、表が、鏡が、形が、烏が、体が、

昨日が、薬が、車が、煙が、氷が、心が、今年が、言葉が、子供が、

魚が、桜が、雀が、背中が、畳が、卵が、力が、涙が、鼠が、柱が、

畑が、林が、東が、光が、左が、袋が、枕が、緑が、南が、昔が。

>>162

「二型式」と言っても、五拍や六拍になっても二型しかない場合を指す場合だけでなく、

二拍では二型だが、三拍では三型、四拍では四型…となる場合も指している場合があってややこしい。

ただ、真に二型でも、音韻条件によって発音上は三種類以上現れる場合もある。

>>160だけを見るだけでははっきりしないが。

考えられるとしたら、頭高型のうち一拍目が無声化するものは中高型に発音されるという条件。

197 名無す

>>161

低高低…枝が、月が、犬が、窓が、川が、

寺が、稲が、船が、音が、春が、夏が、

秋が、冬が、石が、島が、中が、糸が、

声が、笠が、雪が

>>164

一拍の場合は皆 高低

名詞の場合は長音化する。例…手ーが(高高低)

低高高低…間が、朝日が、小豆が、油が、苺が、

従兄弟が、命が、莵が、後ろが、男が、

大人が、形が、鳥が、薬が、車が、煙が、

心が、今年が、言葉が、子供が、魚が、桜が、

雀が、背中が、畳が、卵が、力が、涙が、

鼠が、柱が畑が、林が、東が、光が、

左が、袋が、枕が、緑が、南が、昔が

高高低低…頭が、表が、鏡が、体が、昨日が、氷が

181 名無す

もっと偉いよそ者に、福井弁の関心をもってもらいたいだけなのだ。

講座方言学、中部地方の方言で福井弁のことを記述しているかたもよそ者だが、

冷静に記述している。記述には多少自分の願いも入っているがね。

ただ、一番困るのは実際に行ってもないし現場も見ていない人が無責任に主張すること。

自分の都合のよいような書き込みをすることが福井の人間としては腹立たしい限り

182 名無す

>>181

実際に三国式アクセント地域(金津)に住んでいる地元民ですが何か?

そんなあなたこそ金津や芦原、丸岡、大野、福井、武生、敦賀の人間(過去のレスを見る限り)に成り済ますのはやめたほうがいいですよ。

183 名無す

>>182

おまえは地元民じゃねぇよ。

三国式アクセントがどういうものなのか知ってるか?

そしてそれが金津や三国、あわらにおいて多くの人間が使っているとでも言うか?

三国の一部分という地域は昔は北前船の港でよそからきた人達が大勢いて、必ずしも

地元の人間だけとは限らない。

三国式というのは、曖昧の中の曖昧であって実際にアクセントがあるかどうかは判断がつかない。

それを執拗に金津はアクセントがある、いやあわらはアクセントがある。

自分で無アクセントは、アクセントがあるか聞き分けが難しいとか言っときながら、

いい訳みたいに、辻褄を合わせるために自分は三国式話者などとかいう、とんでもいい訳なんて

超笑わせてくれるわ。

単にいい訳してるだけじゃん、あんた完全によそ者だよ。

185 名無す

>>183

なんかもう、傍から見ててもどうしてそういう思考に至るのか呆れるしかないわ

訳の分からない被害妄想で、統合失調症か何かではないかとも思えるぐらいだ

「よそ者」「よそ者」って超排他的な村社会みたい

こいつのせいで福井自体のイメージが悪くなりそう

俺は>>182の金津の人のほうが、福井の「よそ者」の人よりは信用できると思うね

むしろ福井の人がなぜ金津の人自身の内省にケチを付けているのか

188 名無す

>>185

お前もよそ者だから、よそ者の味方してるだけだよ。

>>182の自称金津人なんて、お前本気で信じてるのか?

三国式というのは、三国町の中でも昔のある一部に存在したんじゃないかと言われているものだぞ。

しかも、それは本当にアクセントがあったかも分からないし学者によってもいろいろ。

ID:yHq/DrH2は、いつものごとく世代を下まわるにつれてアクセントが崩壊しているとか

能書きをたれてるけど、これは全く通用しない。

祖父母、父母、子供の間においてアクセントが違うというのはない。

大昔にはあったかも知れないが、こいつの主張というのは最近及び近年に崩壊し始めた

とか言ってるトンデモだよ。

だからアクセントを復活させようよ、身につけようよ、福井弁のアクセントを捨てようよ

ってこと言ってるんといっしょでしょ

190 名無す

>>188

>三国式というのは、三国町の中でも昔のある一部に存在したんじゃないかと言われているものだぞ。

そのソースは?そんな大昔に限られるという主張は今初めて聞いたぞ。誰の主張だ?

福井市なら相当昔から無アクセントのようだが。それと間違えたのか?

>祖父母、父母、子供の間においてアクセントが違うというのはない。

いや全国を見渡せばごくごく普通に見られることだよ。とくに戦後はテレビによる共通語化とか

住民異動が激しくなったとかで、アクセントが年齢によって違うほうが普通になっている。

東京ですら「赤とんぼ」「東海道」「熊」などのアクセントが世代によって変わっていることが知られている。

京阪神でも各地でアクセント変化が進行中だ。共通語化の影響もあるがそれとは関係ない変化も多い。

山形県最上町のように、曖昧アクセントだったのがここ四半世紀で無アクセント化したようなところもある。

というか、世代によるアクセント変化が無かったら、アクセント変化なんて起きず、全国のアクセントは全く一緒のはずだろw

これだけ各地でアクセントがバラバラなのは、各地で変化を繰り返したからだ。その途中には当然年齢差がある時代がある。

単語も発音も文法も、方言の全ての要素が年齢によって大きく変わりつつあるこの時代に、

なぜアクセントだけは決して変化しないなどということを信じられるのか理解に苦しむ。

ただ、アクセントの違いはなかなか自覚されにくいようだ。

北海道での調査で、家族の間で半分以上の語にアクセントの違いがあったのに、

その家族はそれぞれのアクセントが違うことに全く気がついていなかったということもある。

自分自身も、地元を出るまで両親と自分のアクセントは同じだと思っていたが、

地元を出てから帰省したら結構違うことに気づいた。

198 194

>>196

>>197

そんなもんとっくに読んでます。

金田一のそれは、正確じゃないぞ。

本当によく調査したのか甚だ疑問だ。

それを引用したり、それが根本にあるようでは

このスレで一人前のことを言うには問題だな。

212 名無す

「ておる・とる」を使うのは

新潟上越〜飛騨〜長野木曽〜長野飯伊〜遠江以西だけど

なぜかそのなかで福井嶺北と関西中心部だけ「ている・てる」を使う不思議

なぜだ

214 名無す

>>212

手元にある『日本海沿岸の地域特性とことば』という本には

「ている・てる」、「ておる・とる」、「てある」、「ていた」、「てら」の分布図が載ってるけど

福井嶺北と滋賀南部、京都南部、大阪は「ている・てる」になってるんだべ

213 名無す

違う関西は、〜してはる、〜はる、だろ

216 名無す

「はる」は尊敬の助動詞。

「〜てる」に「はる」が付くと「〜てはる」になる。

217 名無す

>>214

その分布図は間違いだわ、ている、てる、の言い方は基本標準語で関東だぞ

大阪や滋賀、京都の人間は、基本的に〜とる、おる。

関西だと、〜してまんがな、しとりまんがな、してはる、おりまんがな、おりますやん

基本的に違う

>>216

そんな助動詞は、福井弁には存在しません

関西は、しとる、おる、おらん、が基本系

関西弁も標準語化が一部すすんだだけ

218 名無す

>>217

日本言語地図第53図 「いる」

地図 http://www6.ninjal.ac.jp/siryokan_data/drep_siryokan/laj_map/LAJ_053.pdf

凡例 http://www6.ninjal.ac.jp/siryokan_data/drep_siryokan/laj_map/LAJ_053_e.pdf

京都・大阪・滋賀で「いる」が用いられることはよく知られた事実であり方言学の初歩。

上の地図は明治生まれの世代が対象だが、今の20代前半ぐらいの世代を見ても、

京都人や大阪人は「いる」「てる」と「おる」「とる」をともに使うのに対して、

神戸人はほぼ「おる」「とる」しか使わないという違いがある。

詳しくはその地域の人に聞くといいだろう。

京都や大阪でも「おる」が使われないわけではないが、「いる」とは待遇上の違いがあると言われている。

「おる」にはやや見下げたニュアンスがある。これは古くから文献記録にも見られる傾向らしい。

もちろん近年の共通語化の結果ではない。上の地図は、1960年代に1903年以前生まれの世代を対象に調査されたものだ。

まだテレビすらようやく普及してきた時代で、老人の言葉はあまり共通語化していなかった。これほど基本的な語ならなおさら。

上の地図にあるように、なぜか福井北部から近畿中央部にかけての「いる」は東日本の「いる」とは離れた飛び地になっている。

福井北部での状況はよく知らない。若い世代ではどうなのか、「いる」「おる」の待遇上の違いはあるのか知りたいところだ。

219 名無す

>>217

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E7%95%BF%E6%96%B9%E8%A8%80#.E5.AD.98.E5.9C.A8.E5.8B.95.E8.A9.9E

ここの「表現」の「存在動詞」および「アスペクト」を読んで。

不思議なことだが、大阪・京都南部・滋賀では「いる・てる」と「おる・とる」を両方用いる。

これは共通語化ではなく、100歳でも使う。

http://www6.ninjal.ac.jp/siryokan_data/drep_siryokan/laj_map/LAJ_053.pdf

http://www6.ninjal.ac.jp/siryokan_data/drep_siryokan/gaj_map/GAJ_198_m.pdf

この地図でもはっきりしている(二枚目は青がテル、赤がトル、黄色がヨル)。

>>216は>>213に対して言った。

京都・大阪について言ったので福井の話ではない。

220 名無す

>>217

都合の悪いことはソースも無しに間違い認定かよw

福井は「〜はる」ではなく「〜なはる、〜なさる」じゃない?

うちの祖母は「〜なはる、〜なさる」と「〜はる」を併用してた気がするけど

正確には覚えていない

石川まで行くと「〜まさる、〜まっしゃる」になるらしい

230 名無す

上方でテル・テイルの使用頻度が高いんだから

今後テル・テイルが関西全域に広がっていく可能性は十分あるよ

福井もテル・テイルをよく使うけど

上方と福井では由来が違うんじゃないかな

上方でテル・テイルがよく使われる理由はおそらく>>218かな?

問題は福井でテル・テイルが使われるようになった原因

歴史的に東日本からの流入が多かったからじゃないかなあ…?

または越前商人が東日本or上方から持ち帰った……?

朝倉が浅井を通して滋賀から輸入したとか?

一条谷が栄えてる時代に深く上方と交流しテル・テイルを輸入し浸透させた?

北陸道ではもともとテル・テイルが主流だったが

江戸時代に加賀能登越中が関西からトル・テオルを取り入れて浸透させたから

福井が陸の孤島みたいになっちゃったとか?

上方から普通に伝播したのなら奈良や兵庫や和歌山や三重がトル・テオルであるはずがないし…

中国四国から西は徹底的にトル・テオルだから理由は必ず東日本か上方との接触にあるはずなんだわ

224 名無す

>>218

>>219

何べんも言うが、関西では、おる、とる、が基本。

そけに対して福井は、いる、てる、が基本。

どこの地域でも両方使うだろ、だが使用率の差だわ

基本的な面において、関西弁と福井弁は違う

>>220

ソースがないのは、お前だろが

なはる、なさる、ってお前、なさる、は関西弁か?

福井弁では、したんやとのぉ、などで違う。

はる、なんて使わんわ。

福井の人間でもないのに、創造でいうな

234 名無す

>>224はおそらく福井でも共通語化が進んだ地域(福井市中心部)で、核家族世帯の者だろう。

それに加えて親類とも疎遠で、本人は友人も少ないんだろうね。

ま、そんな根性だから、友達なんかできやしないだろうけど(笑)

うちの地域では敬語の「はる」「なる」は使用するし、「おる」は「いる」と併用している。

アクセントも無アクや一型とは違う。

ちなみに俺は平野部からやや離れた地域の 親 族 世 帯 に住む者な。

232 名無す

>>230

>>219を見る限り、「越前から泉南まで北東−南西方向に連続分布」だろうよ。

(紀州の存在動詞は特殊なので、一旦措いておく)

敦賀が「おる」なのが気になるが、

嶺北と近江を結ぶルートは、敦賀スルーも可能なので、非連続とは言い切れない。

「いる」分布の中心は、ひょっとすると京ではなく、近江なのかもしれない。

現在の方言からすると驚くべきことだが、越前の方言は、

例えば17世紀初頭のロドリゲス大文典の記述などを見ても、

かなり畿内語に近いものと認識されていた。

他方、太平洋側の尾張や三河などは純然たる東国語扱いで、

ロドリゲス大文典など、三河から本州北端まで十把一絡げの「野卑な方言」扱い。

嶺北方言の曖昧・無アクセント化は、実はかなり歴史が浅いのかもしれない。

もともと福井平野の方言は、今の敦賀のような、多型の保守的な垂井式だったのではないか。

ただ、垂井式でも、北側の加賀の方言が、変態的な変化を遂げてしまったので、

(平板類と起伏類が、基本的に入れ替わってしまっている。これは体系以上の大転換だ。)

その余波を食らって、福井平野のアクセントがgdgdになったのではないか?

245 名無す

>>234

へぇー、随分と福井弁とはかけ離れた言葉を使うんですねぇ

はる、ねぇ、

あなたに言っておきますわ

関西弁=近畿方言

福井弁=北陸方言

これをくつがえことは、出来ますか?

これは認めますよねぇ、学者さん

273 名無す

「やない」は普通に使うでしょ。連母音化して「やねぇ」になるけど。

276 名無す

>>273

自分は「やねえ」を聞いた事無いんですが、

「犬でねえ」を「犬やねえ」、

「行くんでねえけど」を「行くんやねえけど」、

「ほでねえ」を「ほやねえ」と言うんですか

277 名無す

>>276

なんでかそんな書込みがあるか教えてあげようか?

それはね地元の人間じゃない人が、ああだろう?こうだろう?

と想像で書き込んでいるからだよ

ネットで聞き取り調査してるだけなんよ

278 名無す

>>277

ありがとうございます

>>273さんは嘘つきみたいなものですか

280 名無す

>>278

>>277は馬鹿な持論を展開し、自分とは違う見解を持った者の意見は絶対に聞き入れない頭の弱い粘着だから、こいつの持論を真に受けちゃダメだよ。

355 名無す

〜やさけぇ って坂井郡系?

福井市街では使わん、意味はわかるが

357 名無す

>>355

福井や鯖江は「さけ」より「で」のほうがよく使われてるような気がする。

坂井郡から石川県全域にかけては「さけ」と「で」を併用してるな。

410 名無す

このスレにはアンチ関西の地元民が粘着しているな。

だったら福井より石川富山、愛知の方が福井より関西の要素が高いものを挙げてみろ。

412 名無す

>>410

アンチ関西も何もないんだって、だから上に書かれてるだろ言葉、蕎麦文化、とか。

どうも関西は知らない行ったこともないのに自分の考えを変えないクセがある。

例えば石川じゃ加賀友禅があるけどあれは完全に京都の友禅染の影響。

対して福井だと藍染めとかがあるけど、これはモロ結城紬の影響だよ。

石川はどちらかというと文化的教養面が強い、京都などのようにお菓子なんかも良いものがある。

それから名古屋だって、きし麺などのうどん文化圏だよ。

名古屋弁も関西弁に近いしな。

確かに一概にはいえないけど、そういう小さな違いを探して見ると面白い。

同じ北陸の石川の人間ですら福井は東北ぽいとか言うし、まあ我々福井の人間はそう思わんけど。

418 名無す

>>412

うどんが西,蕎麦が東ってそもそも間違った認識。

そもそも蕎麦切りが生まれたのは江戸時代半ばだし,

関東地方だって本来うどんエリアのほうが広い。

江戸が蕎麦文化に染まったせいで,

東日本は蕎麦文化だったかのような勘違いが一般化しているが。

江戸で蕎麦が流行ったのは,

コメばかり食べていて脚気予防になったからで,

それ以外の蕎麦を食うのは,

土地がやせていてコメや麦がとれないような場所。

414 名無す

断定が「だ」でウ音便も無い名古屋弁が福井より関西弁とか(笑)

416 名無す

>>414

名古屋弁と金沢富山ではウ音便の使用は多い

例えば〜しとるゥ、おるゥ、これらが基本形だけど

福井弁は使用率少ないんだよバ〜カ!

419 名無す

>>416はただのアホ

もう一度中学の国語からやり直してこい。

ウ音便は

かった→こうた

もらった→もろうた

ゆった→ゆうた

よく→よう

みたいなやつじゃボケ

420 名無す

石川、富山の疑問詞「が?」は非関西的だし、悪態語の「だら」は山陰と共通している。

富山に至っては「さかい」ですらない「けー」だし。

福井では「いる」が主流だが、京都、滋賀や大阪北部、伊賀も「いる」が主流。「おる」も併用しているので関西中心部と共通。

敬語「〜はる」の変形「〜なる」が使われるのも福井だけ。

「アホ」も福井まで。

石川富山みたいに「でかいこと」を使わず「ようけ」「ぎょうさん」「いかいこと」を使う。

石川富山は「〜んだ」だけど、福井は「〜なんだ」と関西弁に近い。

「だんない」「おおきに」「あんじょう」「〜やす」「えらい」「おもろい」「ほんま」も福井しか使わない。

否定の「へん」の変形の「えん」を使う。

とても石川富山が福井より関西弁だとは思わんね。

423 名無す

>>418

自分勝手な解釈と捏造はいかん。

統計的に見て東日本は蕎麦文化圏というのは一般常識だし、

西日本がうどん文化圏というのも一般常識だ。

>>419

>>420

ウ音便というのは関西弁や近畿方言の特別なものではない。

一般に西日本方言と言われるものには、ウ音便を使う特徴というものがある。

434 名無す

がが言葉に興味ある

非がが言葉圏の福井では↓のように言う表現を

富山石川ではなんと言うのか知りたい

〜なんや

〜ねん

〜やのー

〜なん?

〜なんちゃうんか?

〜とちゃうんか?

435 名無す

>>434

福井県民じゃないのに成り代わって聞くなって

〜ねん、これは福井ではほとんど使わん

〜なん、これも全く使わないことはないがあんまりだな

〜なんちゃうんか、〜とちゃうんか、そもそも〜ちゃうんか、これが

使用率少ない全くじゃないが使わん。

441 名無す

またいつもの関東マンセーの地元民か。

同じ福井人として恥ずかしい限りだ。

ネクラ引きこもりニートコミュ障のお前には地元の実情すらわからんはずなのになww

444 名無す

>>441

事実を捏造しては関西マンセー工作してる馬鹿のおまえよりマシ

おまえが関西のイメージを悪くさせている張本人。

447 名無す

>>444-446

本当のこと言われてファビョってるんだなwww

お前はいつも連レスするからわかりやすいよwww

北國新聞が出してる「使いまっし!金沢ことば」には、福井は石川富山より関西的と書いてあったがな。

代表例は

「け?」は石川富山は誰にでも使うが福井は自分より同じか身分の下の者にしか使わない←関西と同じ。身分が上の者には「か?」

石川富山は「だら」だが、福井から「あほ」になる。

福井では「おおきに」「だんない」を使う。

「〜なる」等のハル敬語の変種を使う。

石川富山は「でかいこと」「たんと」だが福井は「ようけ」「ぎょうさん」を使う。

残念ながら石川富山が福井より関西的なのはアクセントだけだよwww

そのアクセントでも奥越や今庄は石川富山よりは関西的だがなwww

452 名無す

>>447

おまえの悪質なところは地元の俺のような生まれも育ちも福井県民で

しかも関東にも関西にも何度も行っている人間相手に

さも自分の言っていることが福井県民よりも正しいかのような書込みをしているところだ。

俺なんかは普通は関西のスレなんかには、言葉の問題などでは絶対に書き込まない。

福井の言葉の使い方について知りもせずに堂々と地元人相手に書きこむ貴様の神経が分からん。

大分たってから反論をしてきたことを見ると、ネットで簡単に調べてたのか知らんが

本当に情けないかぎりだ。

「ほんま」「おもろい」「あんじよう」「〜やす」を福井県では使うとかどんな神経してるの?

もしかして釣りで書き込んでるんか?

馬鹿らしくてアホらしくて話しにならん。

それから

>そのアクセントでも奥越や今庄は石川富山よりは関西的だがな

これ違うからな間違いやぞ。

福井でのアクセントのことがまったく分かってないわ、お前は。

このスレで為はって書きこむ資格まったくなし。

479 名無す

関西人が必死になつてなり済ましレスしてるのには笑える。

関西弁では

おらへん

何しとんねん

するやん

ねん

やす(京都)

どす(京都)

なんぼ

そない

してまっしゃろ

ま、いろいろとあるが福井弁では使わん

何かと少しの類似点を強調しては工作してるアホにいちいち

相手になっていると疲れるだけ損。

まともに福井弁も聞いたこともないもん(よそ者)が偉そうで厚かましすぎる。

481 名無す

>>479

しかも関西でも限られた地域しか使わないしな。

お前の主張では奈良弁や播州弁は関西弁じゃないと言うんだな。

馬鹿馬鹿しい

483 名無す

>>479

「来ねばん」と「来ねま」を混同して福井人じゃないことがバレたけどどんな気分?

「来ねばん」がどういう意味か早く答えてよ〜(笑)

福井弁コンプの非福井人さん

福井弁は1ミリも関西弁の影響を受けてないことにしたいようだね(笑)

滋賀作かな?加賀作かな?原発湾かな?

残念だけど影響受けてます(笑)

語彙に関しては石川富山よりも関西寄りです

関西弁では「おらん」も使うけど〜?

そして「おらん」やったら嶺北の奥越も使いますが〜?

「やねん」は使わないけど「ねん」なら福井も奥越も使いますね〜?

やす・どす(笑)

京都人の高齢者すらほぼ使わない表現をわざわざ引っ張りだしてお疲れさまです(笑)

京都ですら京都弁地域でないことになりますね(笑)

あと「するやん」が関西弁て(笑)

60近い親父ですら使ってますが(笑)

福井弁をまともに聞いたこともないのに

福井弁の関西弁的要素を全否定ですか〜

アホですか〜?

あ、すみません

「アホ」は関西弁であって福井弁ではないんでしたね〜

あれ、でも戦前生まれのじいちゃんも「アホ」使ってたぞ〜…?(笑)

490 名無す

>>481

>しかも関西でも限られた地域しか使わないしな

馬〜鹿!

播州弁なんかが限られた地域というんじゃタコ。

お前の目線は関西の中心部を見ているのかそれとも関西の端っこを見てるのかよ。(笑)

>>483

言っている意味の内容が分からないので日本語で分かりやすく説明してくれるかな?(笑)

奥越では、おる、は使うけど福井弁の全体では一部に限られる。

福井弁では、ほとんど遣われないんだよ馬鹿が!

それに変えて隣県の石川県では、おる、が一般的で、いる、なんかはほとんど遣われない。

おまえ、福井県の番組で、いいざ、ええでえ、というのを知らんやろ。

あれは、福井弁では、いいよと言う言い方を、いいざあ。

一方、嶺南では、いいよという言い方を、ええでぇ。

にもじって二つ合わせて、番組のタイトルにしてるんだ。

それくらい違いがあるということだ。

しきりに説明を私に求めているようだが、説明するのはお前。

もう少し勉強しろや、ここのスレで語るのには10年早い。

491 名無す

>>490

が言うには

〜だす、〜どす、〜やす、まんねん、まっか?

が使われてない地域は関西弁じゃないらしいよ。

つまり播州弁、和歌山弁、伊勢弁その他諸々は関西弁ではないらしい(笑)

君はこんなスレなんか覗くより福井病院の精神科でも行ってきたら?笑

493 名無す

>>491

苦し紛れに訳が分からんこと言って、ごまかしたりほざくなやボケのくせに。

誰がそんなこといったんや。

>〜だす、〜どす、〜やす、まんねん、まっか?

それ関西弁の特徴だろ。

まさか、おまえはそれが福井弁でも使われているとでも思ってるのか?(笑)

ま、全く使わなくもないけ、そんなもん極少数やぞ。

おまえのアホのところは、福井県の嶺南の言葉使いと嶺北の言葉使いを混同しているところ。

ど素人が一人前の書込みすんな。

528 名無す

使いません。

というか、福井に来て確認しなさい。

530 名無す

>>528このスレには粘着の馬鹿が1人いるので基本スルーでお願いします。

連レスしてるからすぐにわかります。

「〜やねん」という用法は、関西の中でも比較的新しい表現で、「〜やのや」が変化したものです。

これと似たことが石川県でも起きており(因果関係は関西のものとは無いと思われる)「〜のや」や「〜んや」の変化した「〜ねん」や「〜がや」の変化した「〜げん」が使われています。

531 名無す

>>530

というか、あなたは福井の人じゃないでしょ

書込み内容が福井の常識とかけ離れているから一発で分かりますよ

変化したとかというのはどれくらいの期間を経てですか

それすらも全く分からず一人で自論展開してるだけ

〜やね、んの用法が新しいとは思いません、実際にいつからですか

あなたは極論を言ってますから質問にも全く答えられないはずです

552 545

大野です

〜したんや→〜してん

〜なんや→〜ねん

若い世代は使うよー

富山石川の若い人も使ってるし

比較的新しい変化なんじゃないかな

555 名無す

>>552

福井の若者が関西共通語化しているwww

だんね〜ざ−福井弁の唄

http://www.youtube.com/watch?v=dP59HHDNW1I

それで、福井県民の関西共通語化とは具体的な証拠をお願い致します。

高橋愛、も関西共通語化ですか?笑

557 福井好き

>>555 関西でよく使う「ほんま」「〜しよる」「〜やねん」「〜へん」「おる」「〜ちゃう」って表現を嶺北の多数の人が頻繁に使うなら関西弁共通語化ってのも分かるけど現実はそうじゃないもんね。

558 福井好き

>>557の続き そもそも557て゛挙げた様な言葉を嶺北で使えば「関西の人けの?」って尋ねられるだろう。何故なら嶺北では使われないからである。

730 名無す

ID:uZcaamon

>若狭民だが

若狭に住んでる関西人の間違い。

>今庄から北は石川県と一緒になって別の県になってくれんか?

それを言うなら若狭や嶺南が関西志向になってから言えよ。

道州制調査でも嶺南の関西希望が少ない現実を直視してから言え。

関西の馬鹿が北陸福井に成り済まして書き込むいつものパターンだな。

○楽問題、いじめ問題、どういう地域なんだよ。

734 名無す

>>730

>それを言うなら若狭や嶺南が関西志向になってから言えよ。

>道州制調査でも嶺南の関西希望が少ない現実を直視してから言え。

ほおおおwwwww

お前の脳がアホすぎて返す言葉もないわwww

何で好き好んで若狭が雪国の田舎の越前猿と一緒にならなあかんのやww

嶺南の道州制での関西希望が少ない?アホぬかせ!

異国の北陸とは一緒になるのすら御免やわ!

北陸志向が強い言うんやったらソースだせ!

今は敦賀から大阪まで新快速一本で行けるんやわ!

736 名無す

>>734

馬鹿丸出しの関西人は退場してください。

880 名無す

俺嶺南出身だからよく分からないけど、「どうだ〜」的な感じか?

883 名無す

>>880

「どやさあ」といえば、京都市出身漫才師今イクヨ・クルヨの決め文句。

同じ方言圏の嶺南では、「どやさあ」とは言わないの?

元スレ

【無アクセント】福井方言 其二【ゆすり音調】
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/dialect/1273259601

その他おすすめ

コメント

本サイトはまだコメント機能がありません。ご連絡事項については「メニュー」の「本サイトについて/お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。