2ch勢いランキングまとめ
メニュー

「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を開発したのは日本人研究者![11/21]

この話題の盛り上がりグラフ
2017-01-24 23:49:08 最終更新
1 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/

ライフハッカー編集部 - Mugendai,ニュース・コラム,健康,病気 今日, 10:00 pm

「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を開発したのは日本人研究者!

http://www.lifehacker.jp/assets_c/2016/11/161121mugendai_top-thumb-640x360-101626.jpg

近赤外光線免疫治療法──米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した新しいがん治療法です。現在、臨床試験が進められており、2〜3年後の実用化を目指しています。

がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがありますが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、ほかの2つは副作用があり、転移・再発防止などにも課題があることはご存知の通りです。

これに対し、小林さんの開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、対処が難しい転移がんにも有効です。

小林さんがウェブメディア「Mugendai(無限大)」に語ったところによると、近赤外光線免疫治療法は以下のようなメカニズムでがん細胞を消滅させるとのことです。

"

小林:この治療法は、がん細胞だけに特異的に結合する抗体を利用します。その抗体に、近赤外線によって化学反応を起こす物質(IR700)を付け、静脈注射で体内に入れます。

抗体はがん細胞に届いて結合するので、そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。

近赤外線は、波長が可視光と赤外線の中間に位置する光です。治療には近赤外線のうち、波長がもっとも短く(700ナノメートル:nm、1nmは10億分の1メートル)エネルギーが高い光を使います。

IR700はフタロシアニンという色素で、波長700nmの近赤外線のエネルギーを吸収する性質を持っています。

その化学反応で変化したIR700ががん細胞の膜にある抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって1〜2分という極めて短時間でがん細胞を破壊します。

その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじけるようにポンポンと破裂していく感じです。

"

http://www.lifehacker.jp/images/2016/11/161121mugendai_2.jpg

近赤外線を使った新しいがん治療法のイメージ

小林さんによると、この治療法には副作用がほとんどなく、必要な設備や薬品は安価。患者や家族の負担軽減や医療費の削減に大いに貢献するはずです。詳細は以下のリンク先でご覧ください。

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ——米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは | Mugendai(無限大)

http://wapi.lifehacker.jp/redirect.php?rid=54132

(ライフハッカー[日本版]編集部)

http://www.lifehacker.jp/2016/11/161121mugendai.html

152 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>142

>少し調べればこの色素が赤外線を吸収して光エネルギーから熱エネルギーに変換することくらいすぐ見つかる

熱www

そんなデマ信じちゃってるの?

そんなこと調べるまでもなく、

>>1

>そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。

と書いてある以上は熱じゃないし、熱で破壊するほどの強い光をあてたら途中で吸収される分の熱で透過部分が

火傷することくらいちょっと考えたらわかるっての

234 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>229

そう、>>1の方法は吸収されやすさの違いを利用してる

700nmの近赤外光はIR700には吸収されるが生体は透過しやすいから

人体に影響を与えない強さでIR700を発熱させる

ちなみに色素を使って光で発熱させるのはデマでもなんでもなく

機能性色素を使った既存の技術

http://yamamoto-chemicals.co.jp/products/#p01

287 名無しのひみつ@\(^o^)/

これも粒子線治療器と同じ。

粒子線治療器において、ブドウ糖やアミノ酸が、がん細胞だけではなく正常な細胞にもある程度吸収されてしまうため、粒子線を強く当てることができないように、

>>1においても、抗体が、がん細胞だけではなく正常な細胞にもある程度結合してしまうため、高い治療効果は望めない。

408 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>1 理論としては数年前の韓国で

すでに論文として公表されているから

特に目新しい治療法ではない。

さも日本人が発明したかのような取り上げ方はやめてほしい

3 名無しのひみつ@\(^o^)/

あと10年ぐらいで癌は風邪のように治せるだろうな

72 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>3

おもしろいなお前w

25 名無しのひみつ@\(^o^)/

一度に大量に癌を破壊したら、その破片が飛び散り、転移の副作用も考えられるし、

あと、血管が癌細胞の破片だらけになって、肝臓とか腎臓とかやられてしまうことも考えられる。

少しずつ、破壊して、少しずつ、体細胞の中身をきれいにしていく。その他の選択肢はないと思うぞ。

勿論、抗がん剤とか論外だ。安い価格で治せる方法がたくさんある。

まあ、食事がもっとも重要なんだがすべての食物にラウンドアップとか入っているな。

誰がそうさせた。アメリカ、モンサントだろう。ユダヤだよ。

29 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>25

>その破片が飛び散り、転移の副作用も考えられるし

癌細胞はまさに細胞なので細胞膜破壊されたら不活性だぞ。

ウィルスじゃないんだよ。

>血管が癌細胞の破片だらけ

組織内の細胞は水中のプランクトンみたいに体液中に遊離してるわけじゃないし

水洗トイレのように一気に流れ出るわけでもない。

体組織はファンタジーのスライムみたく流動性があるわけじゃないんだぞ。

53 名無しのひみつ@\(^o^)/

なんか悲観的な人多いようだけど

かりにも米政府直轄の研究機関での開発

しかも大統領演説で称賛するほどの治療法なのに結果無理でしたは考えにくいでしょ

臨床試験がフェーズ2まで進んでいて2〜3年後の実用化を目指してるっていうだからそうなんだろ

343 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>72

>>53

あめらさ

99 名無しのひみつ@\(^o^)/

スレタイにウリナラマンセー感バリバリ。

日本的感性ではこんな風には言わないと思うぞw

それにこの研究を後押ししたのはアメリカだろ。日本が支援した訳でないし。

138 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>99

筆頭出資者は三木谷

ビジネス的に期待できそうなんじゃね

実用化はそう遠くないと思う

狭い認識で考えない方がいい

139 名無しのひみつ@\(^o^)/

https://ja.wikipedia.org/wiki/フタロシアニン

色合いに優れ鮮明で、耐光性が高く(褪色が少なく)、堅牢な(耐久性にすぐれる)ことから顔料として使用される。

こんな分子が赤外線ごときでどうこうなるわけがないんだが、投資詐欺じゃねーの?

>>138

三木谷www

142 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>139

否定する前に「近赤外線 フタロシアニン」でググるくらいしろよ

少し調べればこの色素が赤外線を吸収して光エネルギーから熱エネルギーに変換することくらいすぐ見つかる

245 名無しのひみつ@\(^o^)/

152 :

名無しのひみつ@無断転載は禁止

2016/11/22(火) 15:10:42.28 ID:G9ub5fVU

>>142

>少し調べればこの色素が赤外線を吸収して光エネルギーから熱エネルギーに変換することくらいすぐ見つかる

熱www

そんなデマ信じちゃってるの?

デマだと言ってたガイジはどこ行った

156 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>152

>>1の画像くらいちゃんと見ような

http://www.lifehacker.jp/images/2016/11/161121mugendai_2.jpg

「がん細胞の表面で熱を出して、細胞を破壊する」とはっきり書いてるよw

158 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>156

つまり、言ってることが支離滅裂、いよいよもって投資詐欺じゃないか

159 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>158

なにがどう支離滅裂なのか逃げずに言ってみ

160 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>159

>>152

>>>1

>>そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。

>と書いてある以上は熱じゃないし、熱で破壊するほどの強い光をあてたら途中で吸収される分の熱で透過部分が

>火傷することくらいちょっと考えたらわかるっての

163 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>160

は?説明もできんのかよ

フタロシアニンが近赤外線を吸収(化学反応)

その反応で生まれた熱で抗体が結合したたんぱく質を変性させて細胞膜の機能を失わせる

お馬鹿さんにはこれが支離滅裂らしい

166 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>163

>フタロシアニンが近赤外線を吸収(化学反応)

それのどこが化学反応だ、池沼

170 名無しのひみつ@\(^o^)/

https://ja.wikipedia.org/wiki/化学反応

化学反応(かがくはんのう、英語: chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって

異なる物質を生成する現象のことである。

>>163

>フタロシアニンが近赤外線を吸収(化学反応)

じゃあ異なる物質は生成されてないのに化学反応wwwwwwwwwwwwww

>>168

投資詐欺師のお仲間ですか?

389 名無しのひみつ@\(^o^)/

化学反応を起こす物質(IR700)にガン細胞が好物のブドウ糖で包んでやれば

ガン細胞ももっと簡単に破壊できるのでは?

392 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>389

どう考えても正常細胞も死ぬ

412 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>408

在日君は大人しくしてようね。笑われるだけだよ

413 名無しのひみつ@\(^o^)/

【余命宣告をされた末期ガン患者が大麻使用を始めたら劇的な改善】

http://ameblo.jp/64152966/entry-12154699972.html

《男性は「全ての医師から見放された中、大麻ががんに効果がある可能性を知り、

治療のために自ら栽培し使用したところ症状が劇的に改善した。

医療機関で治療を始めたが、26年10月に余命半年〜1年と宣告。

医師から「打つ手はない」と言われた中、インターネットで

大麻ががんの改善に有効な可能性があると知った。

厚生労働省や農林水産省、法務省などに

「大麻を医療目的で使うにはどうしたらよいか」と相談したが、

「日本では大麻自体や大麻由来の治療薬の使用は禁止されている」と説明された。

製薬会社にも「私の体を医療用大麻の臨床試験に使ってほしい」と伝えたが、

「日本国内での臨床試験は不可能だ」として断られたという。

そのため大麻を自宅で栽培・使用したところ、痛みが和らいだほか、

食欲が戻り抑鬱的だった気分も晴れた。

また、腫瘍マーカーの数値が20分の1に減り、改善の兆候が現れたという。

山本被告は「医師も『ありえない』と驚いていた。

数値が下がったことを示すカルテもある」とし、

「育てた大麻は他人に販売も譲渡もしていない。現代医療に見放された中、

自分の命を守るためにやむなく行った」と話した。》

大麻で末期癌が劇的に回復に向かったのは、大麻の薬効が癌抑制遺伝子とか

アポトーシス誘導遺伝子などの免疫機構を正常に戻したからかな?

418 名無しのひみつ@\(^o^)/

《年3500万円の抗がん剤、患者負担は約3%で残りは公的負担というホラー。》

年間費用は3500万円

《オプジーボは2014年9月に根治切除不能な悪性黒色腫(メラノーマ=皮膚がんの一種)

への適応を承認され、さらに2015年12月には切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌へ

の効能が追加承認された。

ここにきて医療従事者だけでなくにわかに巷間の衆目を集めた理由は、この薬を

がん治療に用いた際にかかる莫大なコストだ。

この問題を提起された、日本赤十字社医療センター化学療法科部長の國頭英夫氏

(専門は胸部腫瘍、臨床試験方法論)の試算によると、体重60kgの患者が1年間、

オプジーボを使うと年3500万円の費用がかかる。

氏は追加承認された非小細胞肺癌の患者数を約10万人強と推定。早期がんなどを除き、

オプジーボの対象になる人を5万人程度に対して1年間投与すれば3500万円×5万人で、

1兆7500億円となる計算だ。

2013年度の国民医療費、約40兆円のうち薬剤費は約10兆円なので、いきなり2割近くもの

薬剤費が跳ね上がる。医療費や薬剤費は約4分の1が国家予算に占める社会保障費で賄われ

ているので、単純に考えても4000?5000億円レベルの影響が出るということになる。》

大麻で癌が完治したら、抗癌剤を作っている製薬会社が潰れるから

大麻を禁止にしているのかな?

癌利権を守るために、あらゆる業界に金をばら撒いているのだろうな。

419 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>418

がん治るなら製薬企業が抜け駆けして薬出してるわ

422 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>419

大麻だと自然生薬で多分パテント不可だから、治療費が格安になる。

現在の需要と供給の自由経済の社会システムでは、製薬会社は潰れるでしょうな。

抗癌剤が高額なのは、発がん物質の開発、副作用の揉み消し、開発失敗費用、

様々な業界への賄賂などが含まれているからでしょうな。

423 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>422

何も知らないのによく知ったかできるな…

大麻が効くとしてもそのまま使うわけないじゃんw

化学構造弄って最適化した上で医薬品にするし特許も出せるわ

426 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>423

少なくとも、>>413の山本さんは、薬効がある部分を煎じて飲んだら、

腫瘍マーカーの数値が20分の1に減り、劇的に回復したから、

人間が余計なことをしない方がいいのでは。

427 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>423

天然の再生は難しいそうだ

マリノールなども天然大麻より効果がないってネットにあるよ

天然の成分の相互作用が有効なわけで

売りにするなら医療大麻先進国イスラエルのように

成分、種類別と患者への個別対応の技術だろうな

459 名無しのひみつ@\(^o^)/

それよりも苦しむ患者とその家族を救うために、

きちんとした安楽死の基準と手順と国営の安楽死

施設を整備しろと言いたい。

家庭裁判所に申請して、認められたら、国営の

安楽死施設に入って、しばらく滞在してから

安楽に死ねる。国は医療費と年金が浮いた分の

一部を安楽死施設の運営維持のための費用として、

また遺族にもお祝い金として配る。浮いた金の

一部を使って、奨学金を足したり、貧民対策にも

使う。

460 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>459

ダメだよ、安楽死施設なんか。そんな屋上屋を重ねるようなことは巨額の税金の無駄を生むだけだ

すでに老人関連施設は多数整備されてるんだから、それらを活用するのが筋だ

おまえみたいのは新たに利権を生み出したい役人や政治家の発想。全くダメ

512 名無しのひみつ@\(^o^)/

458 名前:名無しゲノムのクローンさん :2016/12/02(金) 00:50:21.89 ID:+Gd0zSfb6

ぶんなまのツァイスのフォーラムで、

宮脇先生が「CUBICは使えない」って言ってた。

459 名前:名無しゲノムのクローンさん :2016/12/02(金) 20:11:43.99 ID:dPWJcUWTd

電顕には、って話じゃなかったっけ?

460 名前:名無しゲノムのクローンさん :2016/12/03(土) 01:13:53.69 ID:/Ed5RTLa6

>>460

「単に透明にして脚光を浴びたいだけ。

論文のデータはバイアスのかかったチャンピオンケース。

蛍光や抗原性は大幅に減弱。

普通は蛍光観察にも免疫染色にも全く使えない。」

って話

526 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>460 いや、そうでもないで。若い人も安楽死したいんだから....

ただ、施設は転用すべきには賛成だけど。

513 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>512

なるほど、やはりそんなに簡単にいくわけないよな

514 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>513

全く関係ない話じゃんかw

515 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>514

ジエンにマジレスカコワルイ

528 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>526

若かろうが老人施設に入って安楽死すりゃいいだけ

土地建物運用費用の税金無駄使いになるだけだ

569 名無しのひみつ@\(^o^)/

ガンが治ったというのはどういう状態を言うんだ。

ガンが縮小して転移もなく、共存して生きていく状態も治ったというのか。

これでは、永遠に抗がん剤が必要なのでは。

かねが続かんな。

572 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>569

そもそも抗がん剤でガンは治らない

612 名無しのひみつ@\(^o^)/

某漫画で重量子線だったかそれの話があったが、それが日本では世界一進んでるかのような話をしてたが

それとどっちが有力なの?関係あるの?

やっぱいずれにしても広い目で見ないと一方的な情報だけ見てたらわからんよな

617 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>612

有力も何も重粒子線はとっくに実用化されて医療現場に投入されてる

629 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>617

> 有力も何も重粒子線はとっくに実用化されて医療現場に投入されてる

それではこれより有力とは言えない

それに漫画じゃ全然少ないとかもっと力を入れるべきなのにしてない、って話でね

もしもこれより無力ならいっさいそんなものに金をかけるべきじゃないし、こっちにまわすべき、ということになる

641 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>629

その通りではあるが、現場で実際に役立ってるんだから存在意義はある

737 名無しのひみつ@\(^o^)/

近赤外線が体内に染み込まないなら、近赤外線のパワーを増せば良い。

しかし、どのくらい迄パワーを増やせるのかな。その、時体は耐えられるか。

光断層撮影法で眼底に強い近赤外線を入れると、眼底がポカポカしていることが分かる。

体に、高い近赤外線のエネルギを入れる方法を考えよう。

739 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>737

だから光ファイバーで臨床試験をやってるよ。おまえが考える以前に実現済みだから

741 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>739

手術なんてしたくないでしょう。

手術しなくても治る方法、それが新技術の狙い目ではないですか。

脳腫瘍はどうしますか?

切って、切り口に光を当てる。トンデモナイです。

切るのは最後の最後の手段にしたいです。

742 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>741

なに言ってんだ?

お前癌じゃないだろ?

手術なんか何回やったっていいんだよ

そこまで追い込まれてる患者なんていっぱいいる

ましてや光ファイバーなんて何十回でも穴開けるわ

791 名無しのひみつ@\(^o^)/

で、実用化は何十年後?

793 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>791

もう目前だよ。そんなに時間がかかる性質の技術じゃない

798 名無しのひみつ@\(^o^)/

>>793

で、いつなの?

元スレ

「近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移も治す」驚きのがん治療法を開発したのは日本人研究者![11/21]
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1479737748

その他おすすめ

コメント

本サイトはまだコメント機能がありません。ご連絡事項については「メニュー」の「本サイトについて/お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。